広告運用

Twitter広告用バナーの作り方【コンセプトから作成まで】

Twitter広告

Twitter社からクーポンをいただきましたので、自分のサービスの認知拡大を目的としたTwitter広告を配信しようと思います。

この記事では、Twitter広告用バナーを作る様子を実況中継してみたいと思います。

広告のターゲット

ターゲットは事業会社のWeb担当者、Web制作会社のマーケティング担当者、広告代理店など。

広告のコンセプト

【GA4の導入状況に関する調査】約半数の企業が導入・運用に”不安”と回答という記事がPRTIMEにあり、引用できそうです。

ターゲット顧客が抱える「不の解消」がコンセプトになります。

Canvaを使って3ステップでバナー作成

さっそく、Canvaを使って3ステップでバナー作成します。

①画像サイズを決める

Twitter公式サイトに以下のようにあります。

画像サイズ: アスペクト比1.91:1の場合、800 x 418ピクセルを推奨。アスペクト比1:1の場合、800 x 800ピクセルを推奨。

まずは、800×418

素材

このような円グラフを用意してみました。

見ての通り、デザインはホント苦手なので、今回も原案だけ作って知り合いのデザイナーさんに仕上げてもらうかも、、、

色の組み合わせは、ボクのようにセンスに自身がない人は、3色くらいの組み合わせにとどめておくのが良いみたい。

「色の組み合わせ 3色」で検索すると、

40通りの3色配色パターン:デザインのテイスト別にベストな色の組み合わせを探せます

3色の組み合わせパターンを活用!印象(イメージ)を決める配色のコツとは?

などなど、参考になりそうなものがあります。

30分でちゃちゃっと出来上がった!?

広告イメージ

素人丸出し、、、(笑えない)

おまけ:テンプレートがいっぱい、、、汗

よく見ると、Twitter広告用のテンプレートがたくさんある模様。

無料素材もたくさんあります。

文字は編集できるようになっているのですが、「あぁ、、、外国の広告っぽい」っていうテイストの素材が多い印象。

テーマごとに並んでいるので、イメージするものがあるか、チェックしてみましょう。

イチから作るのって大変なので、おすすめします。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください