【2020年】Google広告で個別IP登録して配信先除外する方法

Hide
Hide

競合他社らしきIPアドレスが見つかったり、CVしないであろう、自社からの無駄な広告クリックを防ぐためにIPアドレスを除外しましょう

 

 

今回は、競合対策や、CVしないであろう、自社からの無駄クリック対策として使われることの多い、

 

・Google広告で個別IP登録して配信先除外する手順

・IPアドレス除外が必要な場面を想定し、除外設定するうえでの注意点

 

をお伝えします。

 

IP除外の手順

①Google広告にログイン>キャンペーンを指定>その他の設定

※設定はキャンペーンごとに行います。

 

 

②IPアドレスの除外を選択

 

 

③枠内にIPアドレスを入力して保存すれば完了

 

 

IP除外解除の手順

 

上記①②より③へすすみ

解除するIPアドレスを削除のうえ保存すれば完了

 

IPアドレス除外が必要な場面を想定

嫌がらせでクリックしてくる

業種によっては、広告が配信されていることが分かると嫌がらせのようにクリックしてくるケースもありますが、Googleアナリティクスなどでデータを見て、競合他社らしきIPアドレスが見つかったらすぐに対処すべきです。

 

Hide
Hide

CVしないであろう、自社からの無駄な広告クリックを防ぐためにIPアドレスを除外しましょう

 

自社の別部門や他支店からのクリック

ボクの経験談になりますが、以前にあった事例を2つご紹介します。

 

 

過去にあったある小売店の事例として、自社の本部マーケティング部門で配信した広告を、営業部門に周知しておらず、クリックされてしまうことがありました。

 

 

また、ウェブサイトのリニューアル後の金融機関で、各地域の営業支店から広告クリックされてしまうことがありました。

 

 

IP除外するうえでの注意点

 

通常の検索広告やディスプレイ広告は問題ありませんが、IP アドレスの除外は動画キャンペーン、アプリ キャンペーン、スマート ディスプレイ キャンペーンでは使用できないので、注意が必要です。

※Googleから無駄クリックだと判断された場合は請求から排除される場合があります

Google広告ヘルプページ

 

神作英樹かみさくひでき 埼玉県出身  世田谷区在住 ■インターネット広告運用(2020年Google広告認定資格取得)・SNS広告運用(Facebook・Twitter・LINE) ■一般社団法人ウェブ解析士協会 2020年(ウェブ解析士資格取得) 2019年Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得  ■経歴 新卒で完全歩合制の個人営業を10年間、その後、建築材料資材の法人営業、健康食品販売〜リサイクル事業への起業などを経験し、40歳でインターネット事業に参入

 

タイトルとURLをコピーしました