広告運用

GoogleAdSenseで特定の記事の広告を表示させない方法

GoogleAdSense広告非表示の設定の画像


設定ひとつで、ユーザーに最適化した広告を最適な場所に表示させることができるGoogleAdSenseの「自動広告」ですが、広告が好ましくない・適切ではないページには除外設定をすることで、広告を表示させないようにすることができます。

もし、自分のプロフィールを綴ったページやお問い合わせフォームに自動広告のコードが設置されていても、ページ内容を解析して広告を表示させる自動広告であれば、GoogleAdSense側が広告の配信を制御するので即ポリシー違反となることはないと思います。

とはいえ、不安要素は少しでも排除しておきたいものです。

その場合の対処方法をまとめておきます。

広告>サマリーから編集(鉛筆マーク)を選択します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2022-01-10_15h04_42-1024x562.png

最下部にある「管理」をクリックします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2022-01-10_15h06_23-1024x559.png

「除外設定を追加」をクリックします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2022-01-10_15h07_14-1-1024x562.png

広告を表示させたいくないページのURLを貼り付け、「追加」をクリックすれば完成です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2022-01-10_15h08_13-1024x572.png

■編集後記

一昨日から風邪を引き、今朝はこの記事の書くのが精一杯でした。

50歳にもなって、1日20時間も眠れるなんてびっくりです。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください