セルフマネジメント

書くことは行動するための準備運動

person holding blue ballpoint pen writing in notebook

今年の目標や今月の目標を宣言する人はたくさんいます。

「目標を書く」といくことは、それを達成するための第一歩です。

とはいえ、目標を書いたところで、三日坊主で終わってしまうのはよくあることです。

三日しかできなかった 三日もできた!?

でも、ちょっと待ってください。

目標を書いたことによって、三日間は努力できた

こんな風に解釈することはできませんか?

ボクはこれが、(ブログを)書くことの価値であり、力だと思っています。

毎日書けば、毎日行動できる

せっかく書いた目標を三日坊主にしないためには、目標や成し遂げたいことを新たに思うたびに、それを書くようにすれば良いのです。

やってみたいと思う

    ↓

それを書き記す

これら確実にこなすことで、目標を意識した行動習慣が身につきます。

思い立ったら書く!3つの手段

思い立ったら書く!ための仕組み作りは欠かせません。

理由は簡単、書かないとすぐに忘れてしまうからです。

そこで、絶対に忘れないための3つの手段をお話しします。

まずは、スマホメモ。ボクはFastEverというスマホアプリを使っています。

関連記事▶FastEverの使い方【ワンタップであらゆるメモにたどり着けるスピード感が最大の魅力】

手書きも捨てがたいので、紙の手帳を併用しています。

関連記事▶手帳の目的は課題を発見すること

あとは、ちょっとマニアックですが、自宅では、Googleホームに話しかけてメモしています。

関連記事▶Googleホームを使ってEvernoteへ声でメモする方法

思い立った瞬間を逃す=脳にダメージ

メモの思い出し忘れは、時間やお金、特に、気力も奪ってしまいかねないと思っています。

とくに、「昨日のアレ、何だっけ、、、」ほど脳にダメージを与えるものはありません。

思い立った瞬間を逃さずに書く環境を作り、あなたが本当に身に着けたい行動習慣を身につけていただければと思います。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください