Power Automate Desktopの基本的な使い方【日付の取得】

Power Automate 日時取得

Power Automate Desktopで日時を取得する方法についてご紹介します。

まず、Power Automate Desktopを起動して、新しいフローをクリックします。

日時>現在の日時を取得しますをドラッグ&ドロップ

以下の通り、現在の日時、システムタイムゾーンを選択すると、CrrentDateTimeという変数が生成されることを確認できたら、保存をクリックします。

ちなみに、日時は、日付のみに変更することもできます。

また、特定のタイムゾーンを選択して、特定の地域の日時を選択することもできます。

実行して確認

ワークスペースにフローが表示されたことを確認できたら、実行ボタンをクリックします。

そうすると、現在の日付が取得できたことが分かりました。

最近のPower Automateに関する投稿

Power Automate Desktopの起動アクションあれこれ【RPA超入門】

交通費精算の自動化【RPA超入門】

Power Automate Desktop Webページにログイン【RPA超入門】


■編集後記

昨日は、早朝にブログ・音声配信のあと、ドキュメンタリー映画を観に行ってきました。

ずっと観たかった映画で、オンラインでは観れないため、ようやく劇場鑑賞でき、嬉しかったです。

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください