【PowerAutomateDesktop】ダイアログボックスでメッセージ表示

PowerAutomateDesktopの初心者入門。

今回は、フローの実行中に、ダイアログボックスを使って、ユーザーにメッセージを表示させてみます。

Power Automateで生成されたメッセージ

(本記事の内容は動画でも視聴できます)

フローは以下の通りです。

また、ゴールとする管理画面上のフローは以下の通りです。

フローの実行中に、ダイアログボックスを使って、ユーザーにメッセージを表示させることができます。

例えば、

✅メッセージ送信が完了しました!

✅例外的な事象が発生した時にこのまま進めますか?

✅検索結果は○○でした。

といったものです。

今回は、Excelの起動→メッセージ表示までの設定をしていきます。

Excelの起動

特に設定を変えずに、保存します。

メッセージを表示

以下の赤枠部分を変更し、保存をクリックします。

補足

メッセージボックスアイコンには、「情報」「質問」「警告」「エラー」といったものがあり、

例えば、質問を選択すると、アイコンが変わったことが確認できます。

また、メッセージボックスボタンには、「OK」以外にも以下のような項目を選択することができます。

メッセージボックスをONにすれば、任意の秒数で自動的にダアログボックスを閉じることもできます。

実行

実行してみると、Excelが起動したあと、ダイアログボックスに「Excelが起動しました」とメッセージ表示されたことが確認できました。


■編集後記

昨日は早朝にブログ・音声配信を行いもろもろ業務をこなしたあと、家族で代官山のTSUTAYA×スタバへ。

想像通り、混雑しており、スタバのある1号館では座席が確保できず、3号館へスタバのコーヒーを持ち込み気になる本をチェックしました。

寝る前に、マウンテンクライマー60秒、プランクの縦横バージョンをそれぞれ30秒ずつ行い、お腹に力を入れて過ごせるようにしています。

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください