動画編集

【動画キャプチャソフト】CamtasiaとDemoCreatorの特徴比較と気になる点のまとめ

【動画キャプチャソフト】CamtasiaとDemoCreatorのロゴ

オンライン教材や動画マニュアルなど、パソコン画面を使ったレッスン動画を作る時に画面録画編集ソフトは非常に役に立ちます。

You Tubeなどのチュートリアル動画でよく見かけるのはCamtasia(カムタジア)が多いですが、利用者が増えるのと並行して、他にも編集ソフトを増えています。

前提として、ボクの利用シーンはあくまでオンライン教材や動画マニュアルが基本で、ゲーム実況などはしません。

そこで今回は、ボク自身も並行して使っている、CamtasiaとDemoCreator(デモクリエイター)という2つのソフトの機能面などの特徴と価格の比較、気になる点をまとめてみました。

文章で伝わりにくい点もあるので動画でもご覧いただけます。

機能面などの特徴

個人的によく使うものは、圧倒的に、カーソル効果、注釈、エフェクト(画面切り替え)の3つです。

結論からお話すると、CamtasiaとDemoCreatorどちらにも、ほぼ同じ機能が備わっています。

まずは、双方の管理画面のメニューをリストアップしてみました。

Camtasia

✅Camtasiaの管理画面のメニューをリストアップしてみました。

  • 注釈
  • 画面切り替え
  • 動作
  • アニメーション
  • カーソル効果
  • 音声ナレーション
  • オーディオ効果
  • ビジュアル効果
  • インタラクティブ機能
  • キャプション

カーソル効果

カーソル位置を効果的に見せてくれる機能です。

画面を見ていただくと一目瞭然、ハイライトやスポットライトをよく使うので、これで十分です。

画面切り替え(トランジション)

前のカットと後ろのカットが重なるように切り替えるために使うのがトランジションです。

ドラマの回想シーンなどによく使われることがありますが、こちらも欠かせない機能のひとつです。

【関連動画】動画初心者におすすめのFilmoraの使い方

注釈

こちらもチュートリアル動画には欠かせない機能ですが、テキストだけでなく、吹き出しなども入れることができます。

DemoCreator

✅DemoCreatorの管理画面のメニューをリストアップしてみました。

  • エフェクト
  • 注釈
  • タイトル
  • トランジション
  • アニメーション
  • エフェクト
  • ステッカー
  • 効果音
  • カーソル効果

カーソル効果

カムタジア同様、ハイライトやスポットライトの機能がついています。

画面切り替え(トランジション)

画面切り替え(トランジション)についても、Camtasia同様、使い切れないほどたくさんのテンプレートが用意されています。

注釈

こちらもテキストや吹き出しが豊富に揃っています。

操作性も直感的でどちらも難しいと感じることはありませんでした。

それぞれ公式サイトがチュートリアル動画が準備されており、初級から中級の編集技術は学べそうです。

Camtasia(TechSmith Japan)の公式チャンネル

DemoCreator(Wondershare Japan)の公式チャンネル

DemoCreatorの気に入っているところ

ただ1点、録画の際のウェブカメラを連携する際、「背景なし」にできるのは、DemoCreatorの特徴。

具体的には、人物とスライドを見せて説明したり教える立場の方だと、PowerPointなどの動画を作る機会があると思います。

その際、自分の「人となり」を知ってもらうために、自分を写り込またせい場合があります。

例えば以下のような背景がなく、人物だけを写り込ませたい場合があります。

とあるWebセミナーのスライド

実際にはこのような背景を、、、

デモクリエイターなら、グリーンバックを使うことなく、「カメラのぼかし」機能という、PCの操作ひとつで消すことができます。

比較するとこんな感じです。

一方でCamtasiaの場合はというと、グリーンバックを使って、編集時に余分な背景を消すことになります。

ボクはできるだけ編集する時の手間を少なくしたいと考えているので、グリーンバック不要で余計な編集の要らない、DemoCreatorは一歩優位だと思います。

【関連記事】【DemoCreatorの使い方】スライド+人物の動画を録画する方法

Camtasiaの気になるところ

Camtasiaにあって、DemoCreatorにない機能の中に幾つか気になるものがあります。

凝ったチュートリアル動画を作っていくと便利そうな機能を紹介します。

インタラクティブ機能

動画の途中でインタラクティブ(「対話」または「双方向」といった意味で、ユーザーがパソコンの画面を見ながら、対話をするような形式で操作する形態)にすることができます。

具体的には、、、

  • 次に見てほしいビデオを開いてもらう。
  • ニュースレター、チャンネル、ソーシャル メディアを購読するためのリンクを提供し、クリックしてもらう。
  • 製品やソフトウェアを購入するための商品リンクを提供し、購入してもらう。

といった、次の行動への喚起ができます。

購入金額の比較

個人の買い切り料金(永久ライセンス)で比較すると、Camtasia36,630円、DemoCreatorは7,460円(どちらも、大型アップデートがあると、有料のライセンスが必要になります)

金額的に見るとDemoCreatorが、5分の1近い価格となっています。

以上の点を一覧でまとめてみました。

DemoCreatorCamtasia
価格・購入方法7,460円(買い切り)36,630円(買い切り)
対応機種Win・Mac両方Win・Mac両方
開発会社Wondershare社 2003年TechSmith社 2002年
PC画面の録画ありあり
Webカメラの同時録画ありあり
ウェブカメラの背景ぼかし可能クリーンバックを使えば可能
録画時間の制限なしなし
チュートリアル動画【公式サイト】ありあり
インタラクティブ機能なしあり

まとめ

初心者が予算を抑えてスモールスタートするならば、買い切りで10,000円を切るDemoCreatorがおすすめです。

予算(30,000円~)を気にせず拡張性を持たせたり、視聴者と双方向性を持たせる動画作りを目指すなら、Camtasiaがおすすめです。

いずれも、1ケ月の無料使用期間があるので、じっくり使ってみてから選ぶことができます。

また、タイミングが良ければ、DemoCreator、Camtasiaともキャンペーン価格が表示されており、本記事記載時よりも良い条件で購入できる場合があるので、チェックしていただければと思います。

Camtasia公式サイトへのリンク

DemoCreator公式サイトへのリンク

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください