ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

動画初心者におすすめのFilmoraの使い方【トランジション】

トランジションを使うメリット・デメリット

動画は編集によって繋げられた複数のカットで構成されますそのカットとカットの間をつなぐために挟まれる切り替え効果のことをトランジションといいます。

トランジションは映画やドラマYouTube動画などシーンを変える時などによく使われ見たことのない人はいない位当たり前に使われています

英語では変化行こうといった意味がありますが前のカットから次のカットえと映像が変化する際のつなぎ目をスムーズにもしくは印象的に見せてくれる効果があります

トランジションはとても便利な機能ですが動画に合わないものを使うと帰って視聴者にストレスを与えることにもなりかねません。

初心者におすすめのトランジション3選

トランジションが高品質の動画に仕上げるための必須ツールである事はお分かりいただけたと思います。

これからトランジションを自社で活用するためにフィオーラで使われている昨日の中から初心者にオススメの3種類をご紹介します。

①ディソルブ

前のカットと後ろのカットが重なるように切り替わります。

ドラマの回想シーンなどによく使われる、トランジションの中で最も頻繁に利用される基本的な切り替え効果です。

②フラッシュ

画面が徐々に白くななり次のカットに切り替わるのがフラッシュです。

シーンをガラッと切り替えたい場合におすすめ。

③プッシュ(リニアワイプ)

プッシュと呼ばれる切り替え効果はまたの名をワイプといいます。

ワイプには英語で拭き取ると言う意味がありますが、車のワイパーが一瞬で窓の水滴を取り除くように、前のカットから次のカットへ切り替わり、すっきりとした印象を与えます。

ハートマークをワンクリックすることで、お気に入りリストを作成することができ、毎回検索する手間が省けて、使いやすくなります。

実際に設定してみよう

動画初心者におすすめのFilmoraの使い方【トランジション】

トランジション>ベーシックから、ディソルブ・フラッシュを選択(♥マークをクリックしてお気に入りに入れておくと便利です)

トランジション>スライドショーから、プッシュ(リニアワイプ)を選択

動画と動画の間にドラッグ&ドロップすれば設定完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました