【Premiere Pro使い方入門】管理画面(パネル)の呼び名と役割について

Premiere Proに限らず、動画編集を始めると必ずぶち当たる壁が、管理画面の呼び名、使い方です。

iMovieやFilmoraといった編集ソフトをそこそこ使いこなしてきたボクですら、あまりの数の多さに戸惑うこともしばしば。

さらに、ネットで調べようにも(呼び名がわかっていないから)調べようがない、解決しない。

Premiere Proの管理画面(パネル)の複雑さはトップクラス、それだけ多機能だということでもあるわけですが。

パソコンを開く人の画像

そこで今回は、Premiere Proの管理画面(パネル)の呼び名と役割についてまとめてみました。

管理画面(パネル)の呼び名

ワークスペース

編集やエフェクトなど、特定の作業をする部屋のことです。

左から”学習“、“アセンブリ”、“編集”、“カラー”、“エフェクト”、“オーディオ”、“グラフィック”、”ライブラリ“というメニューになっているように、学習する部屋、編集する部屋、キャプションをつける部屋の入り口になっています。

ソースモニター

ソース(編集する元)とななる動画を表示したり、再生する役割があります。

動画編集では再生や停止の確認を何回も行うため、【スペースキー】を押して再生や停止を行うことをおすすめします。

(プログラムモニター)パネル

タイムライン上に並べられた素材(クリップ)を表示、作成・再生する場所です。

(プロジェクト)パネル

使用する動画やBGMなど、すべての素材(クリップ)を取り込み、整理する役割があります。

(ツール)パネル

カット編集で使うツールが集まった場所です。

初心者ほど、このカット編集に時間がかかりますので、ショートカットキーメモを手元に置くなどして、効率化することをおすすめします。

ためになった記事 【超速】Adobe Premiere proのカット編集の効率化・高速化について

(タイムライン)パネル

動画やBGMなどのクリップ(素材)をタイムライン(時系列)で並べる場所です。

(オーディオメーター)パネル

再生されているクリップ(素材)の音量を確認する場所です。

関連記事 動画編集ソフト adobe premiere pro を最安値で買う方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました