動画撮影時の光量が不安定・白飛びした時の解決方法【トランジションを使って編集】

動画撮影をしていると、意外と手こずるのが光量や白飛びです。

撮った動画、日差しが強いところでチェックすると、光量の不安定さや、白飛びに気が付きにくい場合があります。

あとになって気がつくと、編集で何とかするしかなく、本当に面倒なことが多いです。

そこで今回は、ケーススタディを交えて、問題解決してみたいと思います。

事例(不安定な光量)

実際の動画をご覧ください。

最初の1〜2秒のところで、一瞬暗くなってしまいます。

演者が話していなければ、カットすれば良いですが、この状況では、カットできそうにありません。

解決方法

では、解決した動画をご覧ください。

オープニングでトランジションをつけて、不安定な光量を分からないようにしました。

本来このトランジションは、場面を変える時に使うものですが、ここでは最初から使ってみたのです。

💡今日のなるほど

光量の不安定さや、白飛びした時の参考になれば嬉しいです。

撮影協力:遠藤起予子社会保険労務士事務所

コメント

タイトルとURLをコピーしました