ゴルフのテークバックの始動を身につけるドリル【ゴルフクラブ不要の簡単ドリル】

ゴルフのテークバックの始動について、手から上げてしまうのが良くないと分かっていても、いざグラブを握るとなかなか直りません。

そこで、レッスン書や、ブログなどを観て自宅でできるドリルを探していたとろ、ゴルフクラブ片山晋呉プロのドリルがゴルフクラブ不要で非常に納得感がありました。

まずは、こちらの動画を御覧ください。

手順をおさらい

①前傾を作る

②右手をアドレスの形にして、左手で右肘の内側を押さえる

③右肘が完全に脇腹にくっついた状態を保つ

④③をキープしたまま、右足首〜右すね〜右ひざ〜右の太もも〜右腰の順番で回転する(捻り上げる)

注意点

右肘が完全に脇腹にくっついた状態を保つ のところで、

片山プロいわく、アマチュアの多くは右肘が離れながらクラブが上がるといいます。

検証

自分の場合がどうか、検証してみたことろ、見事に肘が離れています。

💡今日のなるほど

手やクラブは回転(捻転)に連動して上がっていくのであって、能動的に「上げる」ものではない、ということは大きな発見でした。

年齢的なものもあるかも知れませんが、捻転が足りないことに気が付きました。

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください