【ゴルフのスイング矯正器具】ワトソン・ザ ・ハンガーのレビュー

ゴルフのスイング矯正器具したくて、ワトソン・ザ・ハンガーを使ってみました。

そこで今回の記事では、ワトソン・ザ・ハンガーを使うメリットや、実際に使っている有名プロ、使ってみた感想を話してみます。

販売元の公式サイトの動画を見てみると、こんな感じ。

ワトソン・ザ ・ハンガーとは?

公式サイト(https://www.watsongolf.jp/)を見てみるとこんな風に書いてあります。

theHANGERは特許権を取得した最先端のデザインであり、視覚と触覚と共に満足なフィードバックを与えらる商品です。 一人で練習してもインストラクターと一緒に練習しても、このスイングエイドは、最適なクラブフェイスとスイングパス作りに正しい筋肉記憶を強化します。

https://www.watsongolf.jp/
黄緑色の部分を二の腕の内側にくっつけたままテークバックからインパクトを迎える

ワトソン・ザ・ハンガーが売れている理由

道具(ゴルフクラブ)やボールの進化によって、スイング理論が進化しており、その理論を実践している国内外のプロゴルファーが活躍している背景があります。

理論のポイントは以下の3つですが、

①ハンドファーストのインパクトをイメージしやすいこと。

②フェースの開閉動作を抑えたシャットなテークバックやフォロースイングが身につきやすいこと。

③地面反力を最大限に生かす、左足の踏み込みを使うこと。

ワトソン・ザ・ハンガーを使えば、自力で①と②をマスターすることができることが最大の理由であると考えられます。

実際にワトソン・ザ・ハンガーを詳しく解説している動画もご紹介します。

動画の冒頭からワトソン・ザ・ハンガーが登場します

ワトソン・ザ・ハンガーを使っている有名プロ

インスタのハッシュタグ #watsongolf で検索するとこんな感じで、世界中のアマチュア及びプロゴルファーに愛用されているようです。

Amazonでワトソンザハンガーのレビューを見る

ワトソン・ザ・ハンガーを使う手順

上下のネジを、グリップのお尻と先端に取り付けるだけで非常に簡単です。

公式サイトの使い方動画が一番分かりやすかったです

実際に使ってみると

練習場やコースで使っていますが、二の腕の裏側にハンガーがあたり、赤くなったり、(本当に軽くですが)痛みがあります。

慣れないボクにとっては、まだまだ違和感だらけで「独特の動き」のため、とにかく素振りを繰り返して、黄緑色の部分を二の腕の内側にくっつけたままスイングする感覚をカラダに染み込ませていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました