作業環境改善のアイデア

入力ミスが多い人に知って欲しい確定直後に再変換する方法

ブラインドタッチをどんなに極めても、どんな入力ソフトを使っても避けられないのが、入力ミスです。

特に同じ読み方で意味の異なる同音異義語の変換ミスは、案外厄介なものです。

例えば、、、「回答」と「解答」「内蔵」と「内臓」「移動」と「異動」など。

さてここで問題ですが、あなたはこうしたミスを修正する時、かつてのボクがそうだったように、ついつい誤った部分の文字列を削除していませんか?

ここでは、このような非効率な入力方法を卒業し、文字を打ち直すことなく、確定直後に変換だけをやり直す再変換の方法をご紹介します。

このような設定をします

(正)換気

(誤)喚起

換気と入力したかったのに、喚起で確定してしまいました(৹˃ᗝ˂৹)

ここで、誤った部分の文字例を削除するのではなく、かなキーを2回押してみてください(Windowsの方はCtrl+BackSpace)。

すると、確定していたはずの喚起の文字が取り消され、アンダーラインがされています。

(ボクの場合は、Google日本語入力ですが、)このように、誤った部分の文字列を削除することなく変換を修正できました。

💡今日のなるほど

地味ですが、今さら誰にも聞けないので、コツコツ覚えていきます。

ちなみにボクは、ネットで情報を拾うのではなく、本を買って覚えたものから付箋を貼るようにしています。

理由は、ボクが知らない情報は、検索しようがない情報だから。

何か1冊手元に置いてパラパラめくっているほうが、実用的だと思ったからです。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください