【2020年】iPadをアプリなしでサブディスプレイとして使いたい

 

iPadをアプリなしでサブディスプレイとして使いたいです

このような質問にこたえます。

💡この記事でわかること

・iPadをアプリ無しでサブディスプレイとして使う手順

この記事を書くボクは、サブディスプレイ利用歴7年。

外出先でもできるだけサブディスプレイを使って仕事の効率化を図っています。

しばらく、duetというアプリを使ったサブディスプレイ化をしていましたが、原因不明で機能せず、、、

最近は、Sidecar(サイドカー)という機能がとても便利なので、この記事で具体的な手順と、さらに効率化する方法をご紹介します。

iPadをアプリ無しでサブディスプレイとして使う手順

※このSidecarを使う際、iPadとMacが同じApple IDでログインしていることが前提になります

具体的な設定手順は以下の通りです

リンゴマーク>システム環境設定

Sidecarを選択

接続先を選択する

 
 
 
 
 
 
 

あなた自身のiPadを選択

 
 
 
 
 
 
 
これであなたのiPadにデスクトップが反映されてれば、完了です。
 
 
 
 
※このSidecarを使う際、iPadとMacが同じApple IDでログインしていることが前提になります
 
 
 
 

さらに効率化する方法

 
 
 
 
ボクはさらに、目線の動きを少なくして、目の疲れを防ぎたいので、このようなアダプターを使っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このようなアダプターを噛ませることで、目線の動きを最小化でき、肩こり、首こりになりにくくなったと感じています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💡今日のなるほど

 
 
 
 
業務内容にもよりますが、サブディスプレイは有って損する人はいないのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
このブログでは、健康オタクの巣ごもり自炊やホームページ集客に関する情報を何かしら毎日発信しています。
 
 
 
 
Twitterもしているので良かったらフォローしてください @kamisakuhideki
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました