広告運用

【同じ人に出てない?】Facebook広告でオーディエンスの重複を調べる方法

Facebook広告配信してみたけれど、同じユーザーに広告配信されていませんか?

Facebook広告のオーディエンスが重複してしまっているようだが、調べる方法はあるでしょうか?

このような疑問に答えます。
👉この記事でわかること

広告管理画面でフリークエンシーの確認する方法

🔢フリークエンシー重複に対する数値の目安

📒フリークエンシー重複をそのまま放置した場合のデメリット

この記事を書くボクは、広告運用担当歴7年。
また、ウェブ解析士として、クライアント様の広告運用をサポートする中で感じたことをお伝えします。

(おさらい)フリークエンシーとは

 

 

以下のような記述が参考になります。

 

 

frequency=(統計上の)頻度、回数、度数

引用元:https://ejje.weblio.jp/

 

 

Facebook広告で言うところの、ユーザー1人に対して、平均何回くらい特定の広告が表示されたのか?を確認する指標になります。

 

 

広告管理画面でフリークエンシーの確認方法

 

 

フリークエンシーの確認方法は以下の通りです。

 

管理画面>キャンペーン>フリークエンシー

 

 

フリークエンシー重複に対する数値の目安

広告が同一ユーザーに配信されてしまうことがあります。そんな時は、管理画面から以下の数値をもとに、配信状況をチェックしましょう。
ざっくりですが、以下のような基準を設けています。
指標が3.00〜4.99で、黄色信号レベル
指標が5.00〜で、赤色信号レベル

 

 

ユーザーからすれば、見たくもない(であろう)広告が何度も表示されたら、嫌ですよね、、、

 

 

フリークエンシー重複をそのまま放置した場合のデメリット

結論から言いうと、Facebook広告の運用結果がさらに悪化します。
ここで、ひとつの広告を例にお話します。
仮に、とある広告が1日に何度も表示されたとします。
 

通報されると、広告の評価が下がることがある

その際に、赤い矢印をクリックしてみると、
このような画面になり、様々な理由で、通報が出来る仕組みになっています。
このような通報をFacebook側が受けることで、結果的に私たちの配信する広告の
品質が悪い
という判断が下されることになります。
Hide
Hide

広告パフォーマンスは上がることはなく、下がるばかりになります

✍今日のなるほど

 

 

同じ人に何度も広告が表示されていないかどうかは管理画面のフリークエンシーで確認できます。

 

 

もし、スコアが悪化しているようなら、通報される前に改善しましょう。

 

 

 

神作英樹かみさくひでき 埼玉県出身  世田谷区在住 ■インターネット広告運用(2020年Google広告認定資格取得)・SNS広告運用(Facebook・Twitter・LINE) ■一般社団法人ウェブ解析士協会 2020年(ウェブ解析士資格取得) 2019年Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得  ■経歴 新卒で完全歩合制の個人営業を10年間、その後、建築材料資材の法人営業、健康食品販売〜リサイクル事業への起業などを経験し、40歳でインターネット事業に参入

 

 

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー