モニターはピボット機能つきがおすすめな人はこんな人【使い方も解説】

Hide
Hide

ブログやホームページの更新がめちゃ楽だよ!

縦長モニター、最高っ!

この記事を読んでいるあなたは、

 

モニターのピボット機能を使うために必要なものは?
モニターのピボット機能ってどうやって使うんだろう?
モニターのピボット機能ってどんな人におすすめ?

 

こんな疑問を抱えているのではないでしょうか?

この記事では、

ピボット機能を使うために必要なものや具体的な設定方法、ピボット機能付きモニター歴1年のボクが、通常モニターとの違いや両方使ってみて、どんな人におすすめできるか、使うために必要なものについて述べてみたいと思います。

 

また、記事の最後にはさらにテーマを深堀りして、ボクがモニターを縦長にして使う最大の理由である【ヒートマップ解析】をご紹介しますので、お楽しみに。

ピボット機能を使うために必要なもの

ピボット機能つきのモニター

(デュアルモニターを使ったことが無い場合)は、HDMIケーブルなどの接続器具

(場合によって)モニターアーム

メリット・デメリット

メリット

マウス操作が激減して肩こり解消しました

目の疲れも軽減(してるはず)

デメリット

導入コスト(数万円程度)

ランニングコスト(年間数千円)

ちょっと部屋が狭く見えるww →普段は横向きでも使います

ピボット機能の具体的な設定方法

Macの場合

左上のAppleマーク>システム環境設定

 

続いて、90°を選択し、

 

 

確認をクリックして完了。

※横向きに戻すには、同じ手順で【90°を0°(標準)に戻す】だけ。

 

Windows

設定から、

システム>ディスプレーを選択。

マルチディスプレーを使っているなら、ディスプレーを選択肢、「向き」のプルダウンメニューから「縦」を選択すれば完了です。

モニターのピボット機能をおすすめできる人はこんな人

一度に見られる情報量が半端ない

ボクの13インチのPCと比較しても、

見ての通り、下までスクロールすることなく、しっかり目視できるのは、ブロガーさんやWebでライティングする人なら、どれだけありがたいことか?はお分かりいただけるかと思います。

ヒートマップ解析する様子

「自分の書いた記事、どれくらい読まれたのかな?」

記事を書いたことのある方なら、一度はそんなことを思ったことがあるはず。

ボクもご多分にもれず、というか仕事柄、クライアントさんのも含め、毎日毎日、このヒートマップと格闘しているんですよ。

縦いっぱいに表示
Hide
Hide

よく読まれているところが赤く読まれていないとこが青く表されるスグレモノ

このように記事のどこがよく読まれているのか、読まれていないのかが丸わかりできるツールがあるので、それを見ながら、もっと読まれるためにどうしたら良いか、どうしたらもっとわかりやすくなるか、といった仮説を立てる上での調査手段になっています。

これをピボットモニターでやるのと、そうでないのとでは、雲泥の違いがあるんですよ(もう、このへんは独り言)

 

神作英樹かみさくひでき 埼玉県出身  世田谷区在住 ■インターネット広告運用(2020年Google広告認定資格取得)・SNS広告運用(Facebook・Twitter・LINE) ■一般社団法人ウェブ解析士協会 2020年(ウェブ解析士資格取得) 2019年Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得  ■経歴 新卒で完全歩合制の個人営業を10年間、その後、建築材料資材の法人営業、健康食品販売〜リサイクル事業への起業などを経験し、40歳でインターネット事業に参入

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました