動画編集

Adobeサブスク単体契約は一旦やめたほうが特なのか?損なのか?

AdobePremiereの解約画面

Adobeサブスク契約を自動的に更新している方は多いと思います。

その一方で、ボクのように、動画編集ソフト(AdobePremiere)の単体契約を、月1回使ったり、使わなかったり、というレベルのユーザーだった場合、一旦やめたほうが特なのか?損なのか?は気になるところです。

結論としては、1年更新解約時に無料試用期間オファーがあったので、一旦解約するのもありだと思いました。

この記事では、更新が迫ったボクが解約した際の顛末をまとめてみました。

プランの解約を実行

AdobePremiereの契約の解約してみると、、、

解約することのデメリットを教えてくれます。

確認して、続行してみます。

補足

ちなみに、動画編集ソフトのAdobePremiereProを最安値で買う方法はセール期間を狙いましょう。

そうすれば、通常だと月額2,728円(単体)ですが、32% off で単体プランのセール価格で1,848円になります。

60日間無料オファーが届く

全員に届くのかどうかはわかりません

ここで、60日間の無料オファーを提示してきました。

何となく予想はしていましたが、ここで引き止め工作がありました。

現状だと、動画編集はFilmoraで十分なので、解約の確認へとすすみます。

最後に確認画面から、解約を実行して、、、

無事に解約ができました。

まとめ

もしも現在、定価の2,728円で契約しているなら、更新する際に60日間の無料オファーを活用すれば、コストを削減することができます。

単体プランのセール価格(1,848円)の契約を解約すると、再開したい時に、定価で契約することになるかも知れないので注意しましょう。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください