ライティング

【判断基準を変えるだけでOK】行動を起こしやすくさせるWebライティング

ブログやホームページなどのWebメディアなど、文章で相手に行動を起こしてして欲しい時ってありますよね。

そんな時に意識して欲しいのが、「相手の判断基準を変える」という方法です。

このブログを書いているボクは、企業メディアのライターとして、商品紹介記事などを定期的に執筆しています。

判断基準の違う2つの文章

まずはこちらをご覧ください。

無料試着してみませんか?

無料試着してからでOKです!

2つの文章の違いは何かというと、お客様が無料試着する前提に立っているかどうか、という点です。

扱う商材やサービスや読み手の性格にもよりますが、良い例に変えると成約率が上がります。

Webは双方向のコミュニケーションができない

Webライティングは、対面の時と違って、双方向のコミュニケーションができない分、ある程度想定される疑問を予め予測し、さりげなく相手の判断基準を変えるような問いかけをするだけで、反応率がグッと高くなりますよ。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください