ライティング

【Webライティング いますぐ改善】読みやすい文章の基本ルール8選④

black and white browsing business coffee

Webライティングにおける、読みやすい文章の基本ルールについてまとめてみました。

いますぐ改善できるものを8つピックアップし、何度かに分けてお話していきます。

💡この記事でわかること

Webライティングで読みやすい文章の基本ルール

⑦「〜の」「〜が」を繰り返し使うのは2回まで

black and white browsing business coffee

「〜の」「〜が」を繰り返し使うのは2回まで、について。

まずは、悪い事例をご覧ください。

田中さん後ろ座席上に忘れ物があります。

意味がわからなくもないですが、ちょっと分かりにくいですよね。

田中さんの後ろには座席があり、その上に忘れ物があります。

このように、繰り返し使うのは2回までにするだけで、違和感なく理解することができます。

⑧重複表現を避ける

続いては、重複表現を避ける、についてです。

まずは、 こちらの悪い例をご覧ください。

・まず最初に〜

・違和感を感じる

・約○○分程度で〜

日常生活でよく耳にすることがある表現ではないでしょうか?

このように文字をよく見ると、違和感があります。

・「まず〜」もしくは、「最初に〜」

・違和感がある

・「約○○分で〜」、もしくは、「○○分程度〜」

このように、少し文章を変える必要があります。

まとめ

読者が間違った認識をしないよう、読み返すようにしましょう。

音読したり、印刷してみるのも効果的です。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください