広告運用

【Google広告運用】広告の有効性を上げる方法

Google広告 最適化案の画像

Googleの広告運用をする上で、最適化案、広告の有効性といったフレーズを見たことががある方も多いと思います。

広告の有効性を高めることで、広告の品質が上がり、その結果クリック単価が下がり、また成約率が上がる可能性があります。

この記事では、実際にボクが運用している広告の有効性が高い、から、非常に高い、になった事の顛末をお話します。

Google広告の最適化案を見る

関連記事▶広告の有効性について

さっそく広告管理画面を見てみると、よく使われているが、広告見出しで使用してくだい、とあります。※③

ちなみに最適化とは何かというと、、、以下のように公式に説明されています。

最適化スコアとは、Google 広告で最善の成果を得るためにアカウントの設定がどの程度最適化されているかを示す目安

https://support.google.com/google-ads/answer/9061546?hl=ja#101

改善すべき点を直してみると、、、

そこで実際に改善すべき点として、使われていないキーワードが、黒文字になっているのが確認できます。

同じ要領で、広告見出しに使われていないすべてのキーワードを含めた新しい見出しを設定してみたところ、、、

広告の有効性は非常に良い、にランクアップしました。

最適化スコアが4ポイントアップした

広告の有効性に連動する形で、最適化スコアも約4ポイントアップしました。

関連記事▶品質スコアを使って広告のパフォーマンスを高める 5 つの方法

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください