写真の撮り方

【伝える技術】写真撮影の技術を分かりやすく伝える方法とは?

写真撮影の技術は、分かりやすく伝えたいものです。

今回、写真撮影に関する技術書を何冊か読む中で、ヒントがありました。

具体的には、写真をモノクロに変換して、補助線は薄めの色調のすると分かりかりやすいと感じました。

さっそく、2つの事例を紹介します。

改善前

いままでのボクは、写真をそのまま使って、赤や黄色の補助線で説明していました。

もとの写真をそのまま使って、真っ赤な太線を透明度ゼロの設定で表現しました。

改善後

プロの撮影技術書などを見ていると、モノクロにするなど、見る人に優しく設定してあったので、写真をモノクロに変換して、補助線は薄めの色調に変更。

さらに、見て欲しいところをうっすらと赤い丸で塗りつぶしました。

Canvaという無料のソフトを使えば簡単にできます(操作方法などは「Canva 使い方」で検索すると、丁寧な紹介記事や動画がたくさん出てきますので割愛します)

【関連記事】【初心者向け】canvaを使ってWordPressのアイキャッチを作る方法

また、改善後の補助線や赤丸の塗りつぶしは透明度30%に設定しました。


■編集後記

昨日はオフながら、昼過ぎからプログラミングのコンサルティングを受けました。

予習・復習も合わせると約4時間、集中できました。

途中の雑談では、最近プログラミングの本を1年半かけて執筆、出版したばかりだという話から、出版社との付き合い方など、ちょっとした裏話を教えていただきました。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください