写真の撮り方

iPhoneで日用品をアートっぽい写真を撮る方法⑥光の当て方を変える

プロのカメラマンにてほどきを受け、iPhoneで日用品をアートっぽく写真を撮ってみました。

結論からお話すると、対象物以外の余計な被写体を排除したり、色や影を活用してちょっと画像を加工をすれば、誰でも簡単に、部屋に飾りたくなるようなアートっぽい写真が撮れる、ということです。

今回は6回目で、光の当て方を変えて撮る、というテーマになります。

例えば、家庭にある【泡立て器】ですが、、、

懐中電灯をであらゆる角度から光の当て方を変えて、、被写体と影の写り具合をチェックします。

斜めからだったり、横からだったり、、、

そうすると、印象の違う写真になりました。

さらに色を排除し、モノクロに加工してみます。

同じ被写体なのに、かなりシャープな印象を受けます。

日用品をアートっぽい写真を撮るコツは光の当て方を変えて撮る

光の当て方を変えて撮ることで、どの家庭にでもある日用品がアートっぽく見えるようになります。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください