ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

机をふたつ設置することで生活にメリハリができた【即】気分転換

Hide
Hide

6畳ほどの小さな部屋に、机を2つおくことにしました

 

この記事では、ひとつの部屋に敢えて2つの机を置いてみようと思った理由やきっかけと、

デスクワークの多いボクの2つの机の活用方法をご紹介します。

 

机を2つ置く理由

考えごとをする場所と(PCで)作業する場所

 

に分けたかったからであったり、

 

飲んだり食べたりする場所と仕事する場所

 

といったような環境を作りたかったからです。

 

やろうと思ったきっかけ

ネットサーフィンや動画視聴を必要以上に見ないため

最大の理由は、PCの前にだらだら座っていると、ついついネットサーフィンしてしましったり、動画を際限なく見てしまったり、、、

 

この状況を打開する仕組みを作りたかった、というのがひとつ。

ゴルフで役立った考え、仕事で応用してみたかった

 

ゴルフが好きな人なら、女子ゴルフの宮里藍選手は有名ですよね。

 

彼女が全米女子ツアーで年間賞金王になった時、スウェーデン人コーチが彼女に教えたことの一つに、

 

思考ボックスと実行ボックス

 

というものがありました。

 

思考ボックス・実行ボックスとは?

思考ボックスとは、ゴルフで言うところので、風やコースのレイアウトなどを観察。頭の中でこれから打つショットの青写真をイメージします。

 

実行ボックスとは、思考ボックスで考えた通りにただ実行するだけ。

いったん「実行ボックス」に足を踏み入れたら、余計なことは考えないでゴルフクラブを振るのみ。

 

ゴルフ用語が分からないと理解できないかもしれないので、

運転に例えてみると、、、

 

 

「実行ボックス」ですべきことは車の運転と同じだとして、運転中、左折するとき、ハンドルを何十度左に回すとか手の位置のことは考えませんよね?

 

無意識に最初から最後まで、一連の動作をやっています。

 

考えたら実行する、のワンセットを1日何度も繰り返す

やってみて「どこかしっくりこない」と思ったら、再び「思考ボックス」に戻り、頭の中を整理してから、「実行ボックス」で試してみる。

 

 

これらのプロセスが無意識にできるようになったとき、上手くいく確率は驚くほどに上がっているはずです。

 

 

それを仕事でもやればいいと考えたわけです。

Hide
Hide

【思考ボックス=考える場所】ことと、【実行ボックス=実際に作業する場所】を分けてみたら良いんじゃないかと

有名企業でもやってますね

アイリスオーヤマの新制度で、PC使う時は「立ったまま」というのもがあります。

 

 

記事をそのまま引用すると、、、

家電メーカーのアイリスオーヤマは「働き方改革」の一環で、着席してのPC操作を禁止すると発表した。従業員は今後、PCを使用する場合は、業務用デスクの横に設置した「スタンディングテーブル」に移動し、立ったまま作業しなければならない。

まさに思考する場所と考える場所を分けてます

引用元:ITメディア

同社によると、立ったままPC作業をする理由は(1)集中力と作業効率を高め、労働生産性の向上を図るため、(2)眠くなることを防ぎ、独創的なアイデアの創出を促進するため、(3)血流と代謝を改善し、健康を維持するため――という。

同社の広報担当者は、「当社の代表と役員は、以前から立ったままのPC作業を実務に取り入れ、能率が上がることを実感していた。一般社員もこのことを知っていたため、正式導入を楽しみにしている人が多く、反対意見は少なかった」と背景を話す。

 

 

他にも、仕事場に2つの机を用紙し、紙とペンのある【アナログな机】、もう一方はパソコンやタブレットのある【デジタルな机】にしている例もあります。

 

今日のなるほど

 

脳は習慣を好むようです。

 

仕事の質と環境が一致すれば、より仕事に没頭しやすいかも知れません。

 

 

 

まとめ

どちらも、本質な考え方は一緒なんじゃないかと思います、、、

 

「いや〜これ以上、部屋にモノが置けないよ」

っていうなら、こんなキャンプ用の折りたたみテーブルはいかがでしょう。

 

 

気分の切り替えや、ネットサーフィンや動画を必要以上に見てしまいがちな方には、ホントにおすすめします。

 

 

神作英樹かみさくひでき 埼玉県出身  世田谷区在住 ■インターネット広告運用(2020年Google広告認定資格取得)・SNS広告運用(Facebook・Twitter・LINE) ■一般社団法人ウェブ解析士協会 2020年(ウェブ解析士資格取得) 2019年Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得  ■経歴 新卒で完全歩合制の個人営業を10年間、その後、建築材料資材の法人営業、健康食品販売〜リサイクル事業への起業などを経験し、40歳でインターネット事業に参入

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました