WordPress

ウェブ予約システムをWordPress内で無料で作れる「Booking Package」を紹介

アイコン名を入力

ウェブ予約システムをWordPressに入れる方法はありますか?

このような質問に答えます。

結論、いくつか試してみましたが、無料で作れる「Booking Package」というパッケージが現段階では一番良さそうです。

試しに当ブログで採用してみたので、ご紹介します▶https://kamisakuhideki.com/free-consultation

無料で作れる「Booking Package」の設定方法

まずは、WordPressの管理画面>プラグイン>Booking Packageで検索をして、


いますぐインストール>有効化(Activate)します。

メニューのプラグインを選択>一般設定を選択します。

サイト名やメールアドレスの設定をして保存します。

左メニューからカレンダー設定を選択し、予約のタイプをここでは24以内に完了する予約を選択します。

殆ど変更していませんが、タイムゾーンがアメリカになっていたので、東京を選択します。

予約スケジュールの公開日数は、ボクは30日で設定、今日から利用できない日数は1日(0のような直前のブッキングに気が付かないと困るので)

ID3にあるのが、今回作ったものです(ID1と2はデフォルト)

右側のショート(

アカウント登録
ログアウト
プロフィールを編集
予約履歴
Subscribed items
登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日時 カレンダー 状態
予約の詳細
close
予約の詳細
サービスを選んでください
サービスの詳細
下記のアドレスに認証コードを送信しました。 認証コードを入力してください。
)をコピーしておきます。

続いて、カレンダーを表示したいページ(ここでは固定ページ)に先程のショートコードを貼り付けます。

更新してみるとこんな感じになりました。

ここから、曜日や時間、参加人数の設定に移ります。

設定した日程をクリックします(ここでは24日土曜日)

①時

②分

③予約の締め切り(何分前)

④定員(1名でも良いし、グループワークなら複数名でもOK)

⑤残り

の順に設定して適用をクリック

ひととおり入力できたら、保存をクリックします。

出来上がったページがこちら(色の設定はBooking Package>一般設定からできます)

予約フォームのカスタマイズも簡単

ボクの場合は、郵便番号など不要なので削除しました。

カレンダーからテスト的に予約すると、指定のメールアドレスに通知されたことを確認できました。(予約が埋まっていることも確認できました)

さらに細かく知りたい方には、この方の動画がわかりやすかったです。

💡今日のなるほど

衝撃的な簡単さです。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください