ブログに最適なWordPressの初期設定①

WordPressにをインストールしたままだと、あくまで初期設定のままです。

車を買う際オプションで安全装置を付けたり、カーナビを装備するように、安全かつ快適にブログが運営できるよう、最適化しましょう。

サイトのタイトルとキャッチフレーズの設定

「サイトのタイトル」はブログ名になる部分です。

エックスサーバーの初期設定でインストールした時に入力しているので、変更がなければそのままで大丈夫です。

キャッチフレーズはWordPressのテーマによって表示される位置が違います。

ここでは一旦空白にしておきます。

※Cocoonの場合タイトルの下に表示されます。

設定方法は、WordPressのダッシュボード画面からメニュー>「設定」>「一般」を選択します。

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定

WordPressアドレスとは、WordPressをインストールした場所のアドレスになり、サイトアドレスとは、閲覧者がアクセスするためのアドレスです。

ここでは、WordPressの運営上、2つのアドレスが必要なんだ、という程度の認識にとどめ、同じアドレスを記入しておきましょう。

※初期設定ではhttpになっておますが、https化しておくことをすすめします。

変更を保存したら、一旦ログアウトして、再度ログインしてみましょう。

またページをブックマークしておきましょう。

SSL化する方法

SSLとは、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みです。

SSLを導入するとサイトのURLがhttpからhttpsに変更されます。追加されるsはsecure(セキュア、「安全である」の意)の頭文字です。

SSL対応でホームページのセキュリティを強化することで、訪問者が安心してアクセスできるホームページになります。

2021年9月時点の「世界各国におけるChromeでのHTTPSの使用状況」によると日本は約89%がHTTPS経由で読み込まれたWebページとのことです。

https://transparencyreport.google.com/https/overview

エックスサーバーの管理画面から設定

では続いて実際にSSL設定を行います。

サーバーパネル>ドメイン>SSL設定>独自SSL設定追加

サイトを指定して、確認画面へ進むを選択。

追加するを選択。

数十分で設定が済みます。

済んだことを確認したら、サイトのURLがhttpからhttpsに変更して保存しましょう。

保護されていない通信から、鍵マークに変わっていれば、SSL設定は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました