ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

映画好きのボクがMIHOシネマを使う理由【結論:映画情報のウィキペディアを発見】

映画はボクの趣味であり、人生の活力源でもある。

時間を選ばない手軽さと、主人公の人生を2時間たっぷり味わうことができるのが最大の価値です。

「どのような映画が好きか?」

「どのようにして選ぶのか?」とよく聞かれます。

・好きな役者から

・見たいジャンルから

・邦画・洋画別

・Amazonのレコメンドから

・タイトル(第一印象)から

・その時の世の中の出来事に関連付ける

色々あると思います。

最近ボクが気に入っているのは、予習してから映画を見ること。

例えば、TVガイドの新番組特集によくある「人物相関図」。

出典:https://www.tbs.co.jp/

あれ、ドラマ見るのにめちゃくちゃ便利じゃないですか。

人間関係や時代背景などあらかじめ仕入れておくと映画やドラマが2倍、いや10倍楽しめるわけです。

実はつい先日も、話題の映画、TENETを観に行こうと思いつつ、お世話になっている方のtwitterを発見したところ、、、

あ〜、難解なのね。

だったら、軽く予習したほうが良いんじゃないかと思い調べてみると、、、ありましたよ、良いサイトが。

映画のあらすじ解説の総合メディア『MIHOシネマ

このWebサイト、ひとことで言うと、「映画情報に特化したウィキペディア」です。

映画好きのあなたがサイトを利用するメリットは3つ

✅取り扱う作品が全8,000作品(2020年10月)あり、かなりのマニアック作品以外は完全網羅されていること

検索機能が充実していて見たい作品にすぐ出会える

✅毎日のように更新されているため、上映中の映画も対象

ここまで紹介すると、「ネタバレは嫌」と思うかも知れませんが、その対策もバッチリ。

ネタバレ・非ネタバレが冒頭の目次に明示してあり、「これ以上読んだらネタバレ」ポイントが分かるので、ネタバレが嫌なら途中で読むのを止めれば問題なし。

実際にボクが観たい映画TENETで検索してみました。

すると、、、ありました!

出典:https://mihocinema.com/

このTENETはネタバレなしなので、最後まで読んでも大丈夫そう、、、

ちなみに目次はこんな感じで、、、

これなら、脳みそ破壊も少しは回避できるか(笑)

💡今日のなるほど

観たい映画が有りすぎる時に、このMIHOシネマで検索して比較検討するのもアリですね。

ボクはAmazonプライムに加入しているので、

こうやって検索すれば、

作品情報やストーリー解説がイッキ読みできて便利でした。

あなたもMIHOシネマを上手に活用して素敵な映画ライフを楽しんでください。

このサイトの映画感想の過去記事まとめはこちらから。

タイトルとURLをコピーしました