【昨日公開の映画】おらおらでひとりでいぐも 感想(昨日の私と今日の私は違っていい)

本日公開の映画、「おらおらでひとりでいぐも」を観てきました。

感想をひとことで言うと、「昨日の私と今日の私は違っていい」ということです。

【映画を観たきっかけ】

今回は、TOHO CINEMAS日比谷に行って、いますぐ始まる映画を観ると決めて出会った映画です。

なので、誰から勧められたわけでもなく、自分が前から知っていた映画でもなく、期待値ゼロからのスタートでした。

あらすじ

1964年、日本中に響き渡るファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、上京した桃子さん。あれから55年。結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先…突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作る毎日。しかし、ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、音楽に乗せて内から外から湧き上がってきた!孤独の先で新しい世界を見つけた桃子さんの、ささやかで壮大な1年の物語。

【全体を通して感じたこと】

気になる「おらおらでひとりでいぐも」というタイトルですが、東北地方の訛りで、「私は私らしくひとりで生きていく」という意味です。

突然夫に先立たれた主人公(田中裕子)が、不安や寂しさを受け入れながら、優しく・力強く生きていこうとする姿が丁寧でユーモラスに描かれています。

https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/

毎日が病院と図書館に行くことの繰り返し。

病院に行けば待たされ、医師からの診察は「様子をみましょう」のひとこと。

帰ればテレビを観て、寝るだけ。

子供と疎遠な生活。

しかし、黙っているのが癖になってはいけないと、時々自分に発破をかける。

人間にはポジティブな面と、ネガティブな面が同居しているんだな、と改めて感じました。

良かったところ

寂しい自分に応えるように、3人の若い男が「心の声」となって現れるシーンが何度もあるのですが、3人の若い俳優陣が東北訛りで話すギャップがとてもユーモラスでした。

https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/

また、先日、出張で行った深谷市にある「文月食堂」が舞台になっていたことがこの映画で確かめられたことも嬉しかったです。

若い頃の主人公(蒼井優)が、この食堂で住み込みで働き、ここで旦那さん(東出昌大)と出会うシーンで、間違いなく使われていました。

https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/

【気になったところ】

ボク自身も50代目前ということで、老いとかコロナをきっかけに先の見えない不安を感じています。

朝起きて、天気が良いからちょっと仕事の合間に散歩でもしようかと思っているうちに、つい億劫になって、気がついたら夕方になっていたり、、、

かと思うと、次の日にスポーツジムでたっぷり汗をかいてスッキリしている自分もいるのですが。

💡今日のなるほど

昨日のボクと今日のボクは違っていいんですよね。

そんな振り子のように揺れ動く感情をすべて受け入れられる自分でありたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました