【キーワード広告】マッチタイプの解説/絞り込み部分一致について

先日、お得意さまから、キーワード広告の「絞り込み部分一致ってなんですか?」という質問がありましたので、お答えしたいと思います。

名前の通り、キーワードマッチタイプの「部分一致」を絞り込むというものでなんです。

部分一致の場合、キーワードの拡大解釈が行われて、思ってもないキーワードで広告がでる場合があります。

例えば・・

登録キーワード:エステサロン 東京 とした場合

「美容室 東京」「ネイルサロン 関東」「東京都立○○高等学校」などと検索された時に表示される場合があったとしましょう。

これでは、検索したキーワードと、広告がマッチしていないことは一目瞭然。

エステサロンやわれわれのような広告運用者であれば、検索語句を見て「クリックするなよ!」って思います。

そんな時に絞込み部分一致を使えば拡張を制限することが可能です。

無駄なクリックを防ぎ、御社の広告費削減に繋がります。

設定方法は、絞り込むキーワードに+(半角)を入れればOKです(半角のプラスマークです)

もう少しテクニカルな話をしようと思います。

例えば、登録キーワードを下記のようにします。

登録キーワード:+美容室 +東京 とした場合

そうすると、検索キーワードで「美容室」と「東京」が入ったものだけに広告が表示されるようになります(誤字や表記ゆれなどで範囲が拡張する場合があります)

フレーズ一致との違いとしては、検索ワードの前後の入れ替わり、「東京 美容室」などでも広告が表示されますし、前後や間に他のキーワードが入る「美容室 評判 東京」「格安 東京 美容室」などでも表示されます。

この絞り込み部分一致「絞り込み具合」が本当に使いやすくて、使っている方も多いのではないでしょうか?

(活用法の例)

使い方はいろいろとありますが、地名の入るキーワードには有効だと感じています。

「〇〇 東京」「〇〇 銀座」の両方で登録しているとします。

検索キーワードは「〇〇 銀座」なのに「〇〇 東京」の広告が出てしまうケースってあるんですよね。

それぞれのキーワードに対して、地名を入れた広告文を作っているとしたら東京と新宿は大きな違いです。

それを防ぐ方法として、地名のみ絞り込み「〇〇 +東京」「〇〇 +銀座」といった使い方をします。

このあたりが使いこなせてくると、広告運用はもちろんアフィリエイトでもかなり効果を発揮出来るようになりますよ。

タイトルとURLをコピーしました