ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

【お客さま目線の追求】は普段のLINEのやり取りから見直そう

ありふれた広告にうんざりしませんか

企業のホームページや、店舗の広告を見ていると、

お客様の立場に立って、、、

お客様第一主義

このような謳い文句を目にしますが、あなたはどう思いますか。

ありふれた言葉すぎて、ボクは【上滑りしている感】がします。

全然、自分ごとのように感じられないですよね。

このような自分ごとに感じられない現象って、企業に限らず、個人間でも起こっている気がします。

自分ごとに感じられるための事例を紹介します

例えば、あなたがいま、誰かと待ち合わせをしているとします。

約束の時間になると、相手からメッセージがきました。

何の変哲のない、やり取りかも知れませんが、次のようなメッセージを紹介するので、比較してみてください。

「15分ほどお待たせします」という 遅れてお待たせすることになるなど、普段から相手を意識しているかどうか、がポイントになります。

「ちょっと遅れます」って言われたら、いまから何分待たなきゃいけないか、無意識に自分の頭の中で変換を始めます。

こういう脳内変換って、結構負担がかかっているんですよね。

脳内変換は疲れる

例えば、あなたが日本語を習い始めた外国人と話す機会があったとしましょう。

ちょっとした発音のクセや分かりそうで、分からない語彙が連発するたびに、あなたは脳内変換をして何とか理解できたとしても、30分とたたないうちに、ドッっと疲れてしまうでしょう。

これは気のおけない友人同士でも、企業のホームページの文章も本質は同じだと思っています。

💡今日のなるほど

お客さま目線の追求するなら、LINEなど、普段の親しい人間関係とのコミュニケーションから見直そう

タイトルとURLをコピーしました