WordPress

【Elementorの使い方⑫】アコーディオン(ウィジット)の活用

WordPressでLPを作るためのプラグインである、Elementor(エレメンター)の使い方について投稿します。

12回目の今回は、アコーディオン(ウィジット)の活用についてです。

アコーディオンとは?

アコーディオン(ウィジット)と聞くと、楽器を思い浮かべる方が多いかも知れませんが、あの「伸び縮みする部分」がこのElementorにも活かされているのです。

例えば、Web サイトにあるQ&Aコーナーから、知りたいQ(質問)にいち早くたどり着きたい場合、関心の無いQ&Aは飛ばしたいですよね。

むしろ、質問がリスト化されていて、知りたいA(回答)だけ閲覧できるようになっているのが望ましいでしょう。

そんな時、アコーディオン(ウィジット)があれば、Q&AのA(回答)を縮めておくことができるのです。

アコーディオン(ウィジット)の設定

ブロックにウィジットを挿入したのち、アコーディオン編集を選択します。

コンテンツから、(Q&AのQのような)常時表示させておきたいテキスト、(Q&AのAのような)普段は隠しておきたい部分をそれぞれ入力し、更新ボタンをクリックします。

最終的に下の動画にあるように、ユーザーが+ボタンをクリック(タップ)しない限り、表示されることはありません。

ここでは詳しく触れませんが、+ボタンに限らず、アイコンをカスタマイズすることもできます。

関連記事▶Elementorのお問い合わせページ遷移を計測できない場合の対処法

ABOUT ME
神作 英樹
●日々の気付きをまとめています ●川崎市在住 ●ウェブマーケやセルフマネジメント、健康ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください