【HTML初心者向け】WordPressのテキストエディターを使うメリット・デメリット

WordPressのテキストエディターを使うメリット・デメリットについて。

ご案内│週刊SEOビデオニュース

少しブログに慣れてくると、他のブロガーさんのファーストビューやなどデザインなどを見て、「これをやってみたい」「この見せ方いいな」と思うことがあると思います。

そこでひとつ立ちはだかるのが、テキストエディター。

そこで今回の記事では、初心者の多くが使う、ビジュアルエディターと比較しながらどんなメリット・デメリットがあるのか解説します。

テキストエディターとビジュアルエディターのメリット・デメリット

比較する項目は、①記事の書きやすさ、②SEO対策上、③記事装飾のしやすさ、という3項目にしました。

テキストエディタービジュアルエディター
①記事の書きやすさ書きやすい書きにくい(タグを覚える必要がある
②SEO対策上最適化にとても有効最適化に有効
③記事装飾のしやすさ細かい作り込みができる細かい作り込みができない

ここで大きな障壁になるのが、(HTML)タグですよね。

メリット・デメリットについては、このあとタグの仕組みなどを解説したうえでさらに深堀りしていきます。

HTMLタグの仕組み

ではこの、HTMLのタグの仕組みがどうなっているのか、簡単に解説します。

開始タグの終了タグ

実際のタグはこんな感じ。

<開始>◯◯◯◯◯</終了>

具体的な使い方としては、、、

<h2>◯◯◯◯◯</h2>→大見出しタグ

<h3>◯◯◯◯◯</h3>→小見出しタグ

<img>◯◯◯◯◯</img>→画像タグ

あとは、種類を覚えるだけです。

最初に覚える5つのhtmlの種類

そこで、初心者が覚えるべき登場回数の多い5つのhtmlタグをご紹介します。

<h2>大見出しタグ

<h3>小見出しタグ

<img>画像タグ

<b>太字タグ

<strong>強調タグ

太字と強調の違いって何? 見た目は同じだと思うけど、、、

ここまで聞いて、以前のボクは疑問を感じたことがあります。

そこでHTML辞典で調べてみると、

<b>は「見た目を装飾する」
<strong>は「意味を強調する」

という意味を持っていることが分かりました。

あなたが太字にする意味は何ですか?<b>と<strong>、使い分けていますか?

ビジュアルエディターだと、<b>と<strong>、使い分ける機会がない。

そうすると、SEO対策するうえテキストエディターが「より有効」だと述べた理由が分かって頂けると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました