IT効率化

Googleスプレッドシート変更履歴の活用方法

Googleスプレッドシート変更履歴の活用方法について。

ひとつ前、ふたつ前の作業に戻る場合は、WindowsならControl+Z、Macなら⌘+Zで対応するのが良いと思います。

では、「昨日の夜保存したところまで戻したい」となった時に、Control+Z、⌘+Zで対応するのは現実的ではないですよね。

そんな時におすすめしたいのが、変更履歴の活用です。

変更履歴が残る

変更履歴の確認方法

まず、変更履歴の確認方法ですが、ヘルプの右側にある、最終編集にカーソルをあてると、「変更履歴を開く」と表示されますので、クリックします。

ちなみに、今回のサンプルには、2つの履歴が残っています。

変更履歴の変更方法

スプレッドシートは必ず履歴が残りますので、変更履歴を追いかけてみましょう。

自分の変更履歴がどこなのか、色をつけて分かりやすく教えてくれますよ。

ちなみにこの機能は、GoogleスライドやGoogleドキュメントにもあり、重宝しています。

ABOUT ME
神作 英樹
●日々の気付きをまとめています ●川崎市在住 ●ウェブマーケやセルフマネジメント、健康ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください