IT効率化

Web会議に外付けカメラは必要か?【比較画像あり】

Web会議に慣れてくると、自分の表情が相手と比べて暗いな、もっと良い印象を与えたいな、と感じたことがあるかも知れません。

そんな時、外付けWebカメラを買ったほうが良いのでしょうか?

結論としては、オンラインビジネスなど、不特定の方とオンラインで話す機会が多かったり、健康的に見せたい人は外付けWebカメラは有ったほうが良いですが、知り合いと定期的にカメラを使う程度なら、不要だと思います。

外付けWebカメラを使うメリット・デメリット

外付けWebカメラを使うメリットはPC純正カメラと比べて概ね画素数が高いことです。

画素数の違い

画素数が高いほど、色を細かく表現することができます。

1200万画素の外付けWebカメラで撮影

逆に画素数が低いと何となくぼやけたものになってしまいます。

120万画素のPC内蔵Webカメラで撮影

画像数が10倍違うのですが、どうに感じますか?

他にもメリットはあります。

アイレベル VS ローアングル

スタンドを併用することで、アイレベルがキープできる点です。

アイレベルとは、人の目線と同じ位置にカメラがあることです。

アイレベルで撮影するメリットは、安心感を与えられることでしょう。


反対に、ノートPCのカメラを使う時にありがちなのが、ローアングルです。

カメラが低い(=low)位置から見上げるようになるため、相手にとっては見下されているような感覚になることがあります。

ちょっと大げさですがこれがローアングルです

まとめ

不特定の方とオンラインで話す機会が多かったり、健康的に見せたい人、安心感を与えたい人は外付けWebカメラは有ったほうが良いです。

知り合いと定期的に使うだったり、音声でのやり取りが中心、という使い方なら、外付けWebカメラ不要でしょう。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください