読書・勉強

【ステーキエイト初体験】QRコードから自分で注文する仕組み

名古屋での出張帰りにステーキエイトさんに立ち寄ってみました。

食事が美味しかったこと以外に、QRコードから自分で注文する仕組みを初体験したので、記事に残しておきたいと思います。

女性が入りやすいお店は繁盛する?

地下レストラン街でひと際目を引く、白を基調とした外装で清潔感があります。

ボクが訪れた19時頃には、9割の方が女性客でした。

チェーン店「かつや」と同じ会社が運営

どんな会社が運営しているのか、あとから調べてみたところ、株式会社八洲(はっしゅう) が運営しています。

チェーン店の「かつや」を運営しているのもこの会社のようですね。

ちなみにこの店舗では、ステーキと同系列のKOBE ENISHIというラーメン店の兼営しており、来店している女性の多くは、ラーメンを食べていたようです。

QRコードを使ったセルフオーダーシステム

入店してびっくりしたのが、このQRコードを使ったセルフオーダーシステムです。

お水と一緒に、店員さんから、QRコードのついた伝票から注文するよう促されます。

外食をする機会がめっきり減ったからかも知れませんが、セルフオーダーシステムといったら、タブレットを使ったことくらいしかなかったので、、、

実際にQRコードに自分のスマホをかざすと、ブラウザーが起動して、、

メニュー一覧が表示されました。

スクロースするだけで簡単にすべてのメニューがチェックできました。

せっかくなので、美味しそうなお肉をパシャリ。

まとめ

実店舗の集客って、いままではインターネットビジネスと関係がなかったのですが、QRコードを使うことで、読み取った回数を一日の客数がわかるなど、いまはWeb上で解析をすることが簡単にできるようになりました。

それも、POSレジなどのデータを出力して統合する、なんていう手間もなくなり、俄然便利になりました。

あとはお会計をするだけなので、人件費の削減はもちろん、商品の知識もそれほど求められなくなるので、研修なしでも働けそうです。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください