GA4

なぜGA4に注目が集まるのか?【増改築を繰り返してきたGAが完全取り壊しをするから】

Googleアナリティクスの歴史

なぜGA4に注目が集まるのでしょうか?

Googleアナリティクスを建物に例えるなら、増改築を繰り返してきたが今回ばかり、完全取り壊しをするからです

アナリティクス15年の歴史

GA4は第4世代とも言われていますが、GA1、GA2、GA3があったのかと言われると、そうではありません。

このあたりの詳しい話はここではしませんが、アプリを含めたデータ計測をする必要が背景にあったり、Google広告に連動するために、取得したデータを機械学習に利用するために、完全リニューアルしたいのだろうと思います。

2023年7月1日以降現状のGAのデータが取れなくなります

去る2022年3月16日に、Googleからこのような発表がありました。

2023年7月1日を持って標準のUAプロパティにおける新しいヒット処理は停止されます

https://support.google.com/analytics/answer/11583528?hl=ja#

どういう意味かと言えば、あなたはページビュー数や直帰率などのデータを計測するためには、コードをウェブサイトに埋め込んだり、WordPressのプラグインを使ってGoogleアナリティクスを使っていることと思います。

2023年7月1日以降は、あなたのウェブサイトにコードやプラグインが入っていたとしてもすべてのデータが取れなくなります。

データが取れなくなるのはもちろん、過去のデータも閲覧できなくなるということ【Googleがデータを集計しませんよ、と言っているのですから】

Googleアナリティクスの管理画面にログインすらできなくなるかも知れません。

取り壊される前に欲しいデータは事前にダウンロードする

解決策としては、GA4に移行しつつ、欲しいデータは事前にダウンロードしておくことです。

やり方はまた別の機会にまとめておこうと思います。

テクノロジーの進化にともない、Cookieに頼れないなど、課題を抱えていたGoogleアナリティクスがいよいよ抜本的な改革に乗り出しました。

1から勉強し直しです、とほほ。

■GA4に関するお問い合わせはこちら■







    ABOUT ME
    神作 英樹
    ●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください