GA4

【GA4エンゲージメントの滞在時間の設定】10→60秒に変更する方法

GA4の管理画面の画像

GA4のエンゲージメント要素のひとつにユーザーが10秒以上滞在することがありますが、1枚もののランディングページの評価指標としては、物足りないと感じていました。

別の指標にある90%スクロールを使う方法もありますが、10秒経たないうちにスクロールされるケースも考えられます。

/

そこで調べてみると、データ取得のときの条件ですので、データストリームの設定からGA4エンゲージメントの滞在時間を10→60秒に変更できることがわかりましたので、今回は設定変更方法をまとめてみました。

データストリームの設定


プロパティの「データストリーム」でウェブサイトならウェブデータストリームが1つ設定時に出来ているので、選択します。

その詳細の「タグ付けの詳細設定」を開きます。

タグの詳細設定

「セッションのタイムアウトを調整する」というタグの詳細に「エンゲージメント セッションの時間調整」というのがあるを確認します。

セッションのタイムアウトを調整する

10秒で設定されているのをプルダウンから60秒に変更して保存すれば設定完了です。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください