GA4

【ロジックツリーで図解】GA4のイベントの考え方は3つに分けるのがコツ

GA4のイベントの考え方は3つに分けるのがコツです。

この記事ではGA4のイベントの考え方がわかりやすいように、ロジックツリーで可視化しつつ解説します。

①自動的に収集されるイベント

GA4の場合、例外はありますが、原則は自動で収集されます。

計測可能なイベントの例としては、以下のものがあります。

  • page_view
  • first_visit
  • click
  • scroll
  • view_seach_result
  • file_downroad

詳細は、以下のGoogleアナリティクスのヘルプページをご参照ください。

https://support.google.com/analytics/answer/9234069?hl=ja&ref_topic=9756175

②推奨イベント

原則的にはGA管理画面やタグマネージャーを使って手動で収集します。

計測可能なイベントの例としては、以下のものがあります。

  • join_group
  • login
  • purchase
  • sing_up
  • share

詳細は、以下のGoogleアナリティクスのヘルプページをご参照ください。

https://support.google.com/analytics/answer/9267735?hl=ja&visit_id=637882776113183199-2568940633&rd=2#

③カスタムイベント

原則的には②の推奨イベント同様に、GA管理画面やタグマネージャーを使って手動で収集します。


上記①自動的に収集されるイベントと②推奨イベントのヘルプページのいずれかで見つからない場合になります。

  • 特定のページにおけるページビュー数
  • 10,000円の金額で購入完了
  • 80%のページスクロール

例えば、全体のページビュー数なら、①自動的に収集されるイベントで収集されますが、特定のページとなると個別設定が必要になるというわけですね。

詳細は、以下のGoogleアナリティクスのヘルプページをご参照ください。

https://support.google.com/analytics/answer/9216061?hl=ja

いままでのGAは目標を使って測定してたため、最初にイベントを設定するという考えがありませんでした

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください