GA4

GA4のレポート機能について解説【第1回目:ページとスクリーンでページごとのデータを分析】

GA4 ページとスクリーンの画像

GA4のレポート機能について、何回かに分けて解説します。

レポート機能は分析に便利な指標をグラフなどで可視化してくれるページです。

つまり、レポートのページを見ることで、成形されたデータを見ることができるため、ユーザーの行動を可視化し、その結果Webサイトの改善点をあぶり出しやすくなります。

この記事では数回に分けて、レポート機能のページの中でもビジネスへの影響の大きく、汎用性の高い分析手法をご紹介します。

第1回目の今回は、[ページとスクリーン]でページごとのデータを分析を行う、です。

ページごとのデータを分析

GA(4)の使い方として最も基本的なページごとの分析手法を紹介します。

例えば、新しいページを作成した際に、どのくらいアクセスが集まっているかを知りたいですよね?

そんな時に使うのが[ページとスクリーン]です。

ページとスクリーンの見方

ページとスクリーンの具体的な見方についてですが、以下の3つを順番にクリックするだけです。

サイドメニューの[レポート]>[エンゲージメント]>[ページとスクリーン]から、該当するWeb ページのアクセス状況を確認することができます。

また、検索窓からタイトルを入れて検索するほうが欲しいデータがすぐに入手できるかも知れません。

表示回数が多い順に並んでいますが、見たいページが決まっている場合には、検索機能を使うことで目的のページをいち早く確認することができます。

その他の使い方

基本的なページごとの分析手法を他にもご紹介すると、、、


✅どのページが表示されているか?
✅新規ユーザーはどのくらい訪問しているか?
✅平均滞在時間はどのくらいか?

といったデータをみることができます。

ABOUT ME
神作 英樹
●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください