【超初心者向け】Kindle出版の始め方

Kindle出版するメリットや出版までの具体的な流れについて調べてみました。

ちなみに、公式サイトはこちらになります。

Kindle出版のメリット

Amazonストアの集客力を活かした認知度の向上はもちろん、セルフブランディングの手段にもなります(世界中で販売が可能です)

検索エンジン対策(SEO)的なところも気になるところです。

Kindle出版の具体的な流れ

①原稿を書く

何はなくともコンテンツ。

文字制限はありません。

まずは、メモ帳、テキストエディターなどにコンテンツを書き出します。

②原稿をWordにコピペして編集

Googleドキュメントやテキストエディターでも構いませんが、Wordファイル形式(.docx)でチェックするのがおすすめです。

理由としては、誤字脱字のチェックしてくれるからです。

最終的には、(.mobi)という形式のファイルに変換しておく必要があります。

③KDPアカウントに登録

KDPとは、KindleDirectPublishingの略になります。

納税者番号(TIN)はマイナンバーを登録すれば完了。

適用源泉税率が「0.0%」になります。

※KDPに登録すると、その電子書籍はAmazonでしか販売できない(楽天Koboなどでは販売できない)、

KindleUnlimitedおよびKindleオーナーライブラリーで読める本に追加してもらえる、などのメリットがあります。

④サムネイル作成

高さ2560×1600ピクセル(最低1000×625ピクセル以上)

名前(ハンドルネームでもOK)や、本の紹介文、値付け(99円~20,000円)をします。

※プレビュー画面でチェックすることができる

★収益をもらう方法は2通り(詳細は割愛します)

①売上の35%または70%

②読まれたページ数に料率をかけたもの

⑤Amazon審査

AmazonのAIでテキストに不適切な文言がないか、などの判定をしているのか、最短で半日程度の審査の可能性が高そうです。

※GoogleアドセンスやAmazonアソシエエイトよりも緩いかも知れません

⑥審査完了メールが来る

審査完了するとメールで通知が来れば、めでたく販売開始となります。


■編集後記

早朝に通常タスクとブログ、10月の振り返りをしました。

夜はスポーツジムの有酸素プログラムに参加、月が変わると内容が一新し、先月とは比較できないほどハードなプログラムでついていけず、前に立つトレーナーさんに煽られました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました