入場料金を取る六本木の本屋【文喫(ぶんきつ)】に行った話

1,650円支払って六本木の本屋【文喫(ぶんきつ)】に行ってきました。

文喫の正面の画像
地下鉄六本木駅下車徒歩1分と便利

その名も文喫

知人から紹介されて知った文喫。

「文を」喫する(飲食物・タバコなどを)口を通してのどに入れる。

ゆっくり本を読むところだ、ということは想像できます。

ぶっちゃけ入場料を取る価値はあるのか

エントランス付近は案外普通な感じ

実際に行ってみた感想を、ふつうの本屋、TSUTAYA×スタバなどと比べてみます。

まる1日気後れすることなく滞在できる

ルールは以外とシンプル

本屋だと基本的には座って読むことはできませんが、文喫なら椅子とテーブル、またビーズクッションやソファ席など90席ほど用意されているので、どっぷり読みたい本と向き合うことができます。

お茶とコーヒー(ホット/アイス)がおかわり自由、カレーやスパゲティ、クッキーなどが300〜1,000円程度でオーダーできるので、かなりリラックスできます。

流行りを追わない本に出会える 

さっそくチェックインしてみると、「よく売れてます」「よく読まれています」的なコーナーがありません。

こだわり抜いた雑誌や本がずらりと3万冊ほど、ジャンルごとに保管されています。

街の本屋のようなキレイに整列されている状態、というよりは、「このジャンルが気になっているなら、この本はいかがでしょうか?」というように、提案をされているような意味合いで本を置いているように感じます。

選書してくれる

予めどんなジャンルの本が読みたい、といったリクエストをしておけば、読書好きのスタッフによって、選書をしてくれるサービス(有料)があります。

ボクも「旅行をしたくなるような」「ステイホームをもっと楽しめるような」など、いくつかのリクエストをしておいて、2週間ほど待つことに(選書サービスは郵送もしてくれるようです)

文喫にチェックインすると、メモがびっしりと書かれた選書が手元に。

ほんの一例だけお見せすると、、、

正直、見たことも聞いたこともない本ばかり選書されました

ちなみに本の購入の義務はなく、ボクは5冊選書してもらった本をお店でじっくり吟味して、4冊返却、1冊だけ購入しました。

文喫こんな人におすすめしたい

実際に行ってみて、どんな人が文喫を楽しむことができるか、考えてみました。

カフェ感覚でもっと寛ぎたい

クラシックな書斎を思わせる空間が心地良い

ボクは気分転換に、TSUTAYA×スタバをよく利用しますが、難点はスペースが狭いことと、1〜2時間滞在すると、何となくうしろめたい気分になってしまうこと(おかわりすれば良いだけかもですが)

コーヒーを注文すれば、店内の本が読み放題(店舗によって持ち込み冊数に上限を設けている場合あり)なので、店内は常に混み合ってい、座席が確保できないこともあります。

その点文喫は、あらかじめ入場料を支払っているため気後れする必要がなく、入場料を支払う分のハードルが高いせいか、満席になる気配はなさそうです(HPには入場制限する可能性ありという記載はあります)

テーブルも大きめなので、PCとメモ帳、ドリンクを置いてもまだ余裕があるため、作業環境も充実しており、これ以上寛げる場所はないかも知れません(Wi-Fi、通話可能コーナーあり)

本好き

言うまでもありませんが、本好きの方にはおすすめです。

ちなみにボクは仕事柄、マーケティング関連やビジネス系本を良く読みますが、一般的な書店と比べると(コンセプトが異なるため)在庫数はグッと少ない印象です。

また、欲しい本を買いに行くという感覚でお店に行くというのはおすすめしません。

どちらかというと、興味のありそうな本に出会いに行く、という感覚が近いと思います。

新しいジャンルの本に出会いたい

あとは何と言っても、新しいジャンルの本、一般的な書店では見たこともないような本に出会ってみたい人にはおすすめです。

年間100冊以上本を読むボクですが、今回の選書サービスを受けた本は、著者はもちろん、見たことも、聞いたこと無い本だらけでしたが、どの本もとても興味深い本ばかりで、本を通じて自分とどっぷり向き合う時間にもなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました