パター テークバックがぶれる原因と対策【パターヘッドはぶれてOKな理由と対策を動画解説】

【2021/7/10追記】

パターのテークバックがブレてしまいます、改善方法はありますか?

このような疑問に答えます。

結論はパターのテークバックはブレてOKです。

まっすぐ引いてまっすぐ下ろすにこだわってない?

例えば、パットの名手である鈴木愛選手は、「まっすぐテークバック」していません。

また、ゴルフレッスン系では上位にあたるちゃごるTVのチャーリー高沖さんも、軌道は歪んだほうが良いといいます。

歪んだほうが良い理由

理由は、テークバックからフォローを同じ軌道にすると運動エネルギーが一旦ストップしてしまって効率が悪いんだそうです。

動画にある、車のブレーキの話が分かりやすかったので、簡単な図解をしますと、、、

❌まっすぐテークバック

これだと、一旦ブレーキをかけて一時停止するためエネルギー効率が悪いけど、、

⭕円を描くテークバック

テークバックからフォローにかけて円を描くようにすると、一時停止する機会がなくなり、エネルギー効率が良い。

これがエネルギー効率の観点でみた場合に、テークバックの軌道がブレたほうが良い理由です。

とはいえ、小手先でテークバックするのはNGなので、ここからはテークバックがブレる原因を対策とともにご紹介します。

テークバックがぶれる原因と対策

大きな筋肉(体幹)が使えていない

最大の原因は体幹が使えていないからです。

手先のように器用ではない、背中やお腹の体幹を使うことで、再現性の高いストロークができるようになります。

体幹を意識するためのドリル

鈴木愛プロのドリルで、脇の下に棒を挟んで背中でストロークすることを意識するというものがあります。

スティックを使って、軽く両脇を締めると、背中が使えるといいます。

他に体幹を感じるドリルとして、テークバックしないでボールを転がす、というものがあります。

まっすぐストロークしていることを体幹するドリル

フォロースルーで正面より左に胴体をねじる感覚を、アプローチやパターで養うドリルです。

アマチュアの多くは、フォロースルーで正面より左に胴体をねじることができない、といいます。

体幹を鍛えるトレーニングに関する記事はこちら

テークバックの始動は足首から

片山晋呉プロはどこで上げているのかというと、以下の動画にもあるように、足首から始動するといいます。

これはあくまでボク個人の体験ですが、パターにも応用してみたところ、とても感触が良く、テークバックしやすかったです。

今日のなるほど

慣れるまで練習が必要かも知れませんが、パットイズマネーといいますし、自宅でできることも多いですから、ステイホーム期間にパッティングストローク改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました