パター上達法

【ゴルフのパター練習①|片手打ち】上達したい人におすすめしたいレッスン

【2022年9月22日 追記】

「パターの練習方法をもっと知りたい」

「パターの効果的な練習方法を探している」

このような悩みにお答えする記事になります。

この記事を書くボクはゴルフ歴34年ベストスコア74の元競技ゴルファーです。

パターは体格による身体能力の差がないため、練習次第で初心者でも上達できますし、なにより練習場に行かなくても自宅でも上達できるのが良いですよね。

今回は、ボクが数え切れないほど視聴したパター練習動画の中からわれわれアマチュアでも、手軽にできるか、再現できるか、という基準でご紹介します。

片手打ち

さっそく、ゴルフレッスン動画好きならご存知の方も多い、Tera-You-Golfさんとひぐけんさんの片手打ちの動画をチェックしてみました。

パター以外、道具が要らないので、非常にお手軽な練習法だと言えます。

再現性★★

お手軽度★★★

お腹の筋肉が疲れてくるはず

Tera-You-Golfさんは、左手の片手打ちに際してお腹周りの筋肉の重要性を強調しています。

肩や腕に必要以上に力が入らないように必要最低限の力で握った上で、足と頭が固定された状態でこのお腹周りの筋肉を使ってクラブを動かしていきます

https://www.youtube.com/watch?v=pOJEbZ96Jdg

また、右手の片手打ちに際しては、右手首の角度を変えないことをポイントに挙げています。

それぞれの手の役割を意識する

ひぐけんさんは、この動画の中で強調していることは、左右のそれぞれの手の役割を意識する、ということです。

クリックすると片手打ちのパートから視聴することができます。

・左手の甲と身体のターンでを押し出すようなイメージ

・右手は球をしっかりと柔らかくヘッドの重みを感じてタッチを合わせていくイメージ

https://www.youtube.com/watch?v=SpmTvUhDFpk

を持って左手と右手を交互に練習することで、それぞれの手の感覚を養うのだそうです。

それぞれの手には役割があって、左手は舵取り(方向性)、右手は力加減(距離感)を合わせることを優先的に身体に覚え込ませるのが目的のようです。

また、左手の甲と、フェース面をがリンクしている感覚を大切にして欲しいといいます。

補足

さきほど、お腹の筋肉を使うという話がありました。

普段から意識しているならともかく、お腹の筋肉を使うことがイメージができない方もいると思うので、現在女子プロゴルファーの中でもパターの上手さに定評のある、鈴木愛プロが、動画でお腹の筋肉を使うことの重要性を練習方法を紹介している動画があるので、ご紹介しておきます。

クリックすると該当の部分が直ぐに見られます

お腹に力を入れてボールを押す感じ

まずやって欲しいことはテークバックを取らずにボールを押す練習をしてください

https://www.youtube.com/watch?v=Xsff5Td60fw&t=139s

ということなのですが、この練習をやってみたら、Tera-You-Golfさんや、ひぐけんさんがイメージしていることがさらに解像度高く体験することができました。

まとめ

パターの片手打ち練習をする際、2つの動画から共通・関連していると感じたことは、、、

・練習をする時は、両手だけでなく、左右それぞれの手の役割を感じてみる

・左手は、お腹などの大きな筋肉を意識するなど身体の動きと同調させる

ということです。

カップインさせることだけでなく、筋肉の動きやバランスを意識して練習してみようと思います。

ABOUT ME
神作 英樹
●ビジョンマーケティング ●ウェブ解析士が日々の気付きをまとめています ●世田谷区在住 ●ウェブ解析や健康管理ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください