You Tubeのタグ・ハッシュタグそれぞれの役割・使い方について

You Tubeのタグ・ハッシュタグそれぞれどんな役割がありますか?

このような質問に答えます。

この記事を書くボクはウェブ解析士。

初心者〜上級者まで、約400社の事業者さま向けのデジタル化やメディア運営に関するオンラインによる支援をした実績があり、士業、サービス業、製造業、建設業、流通業などの動画を使った認知度アップや集客を得意としています。

タグの役割と使い方

タグとは、「この動画が何についての動画なのか?※ジャンル・カテゴリー」をYou Tube側に知らせるのが狙い

使い方として注意したいのは、「動画_集客」のようなスペースを空けない、コンテンツと無関係なタグをつけない、5〜10個程度に抑えることです。

ちなみに、タグは視聴者側には見えません。

ハッシュタグの役割と使い方

ハッシュタグは、タイトル(3個まで)や説明欄に使い、視聴者の検索に表示されやすくするのが狙い

使い方としては、関連でYou Tubeが提示するキーワードを押さえつつ、オリジナルコンテンツには、オリジナルのタグを入れることです。

💡今日のなるほど

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください