自社ECサイトをアピールする動画で意識したい視点とは?

この話をしようと思ったきっかけ

あるコスメメーカーさんのPR動画の企画をする時の担当者さんの会話が成分の話ばかりだったことが気がかりだったことです。

いかに有害な成分が入っていないか、というコンセプトだけでは、人ってモノを買わないですから。

特にコスメなら、ワクワクするような期待感を持ちたいじゃないですか。

比較の視点

そこで、比較の視点を持ちましょう、という話になりました。


もう少し具体的に言うと、この商品を使う前と後とでは、どんな違いを感じることができるのか?

・彼氏に肌が綺麗だねって言われるかも知れないワクワクする気持ち

・女友達に、化粧品変えたっ?て言われるかも知れない優越感

・シミなどコンプレックスに感じているところをしっかり隠してくれるから、仕事先の商談に自信を持って臨める

極論すると、商品がほしいわけじゃなくて、商品から得られる何らかの感情が欲しいんです。

補足すると、自社からのメッセージより、すでに使っているお客様の声から拾うのがベストです。

💡今日のなるほど

ビフォー・アフターの比較を活用して、PRしたい商品から得られる変化を伝えることで感情がくすぐられます。

そんな状態で、ECサイトに呼び込むことができれば購入率はグッと上がります。

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください