お店や商品をアピールする動画を作るために意識したい3つの視点

店舗や商品をアピールするためのPR動画を作りたいけど、どんな構成にしたら良いかわからない?という疑問にお答えします。

結論は、動画を見た人が行動したくなるように、季節やタイミング、限定の視点を持たせた構成にしましょう、ということです。

これからひとつづつ解説していきます。

季節の視点

われわれの生活には、一年を通して色々な行事が浸透しています、例えば、正月の初詣から大晦日の年越しそばまで、多くの人がこの季節の行事に合わせて行動しています。

販売促進の基本は、まずこの季節の視点をもつこと。

直近で言えば、、、

バレンタイン

受験シーズン

ひな祭り、ホワイトデー

などがあります。

単にお店や商品をアピールするよりは、いまならバレンタイン向けの●●があります、受験生応援●●ありますといった見せ方をするほうが、より興味関心を惹くことができます。

タイミングの視点

タイミングとは、現在の世の中の状況と言い換えることができます。

まずはコロナ禍であるため、自宅で過ごす時間が増えていることが挙げられます。そこで、、、

コロナでテイクアウトを始めました

といった具合です。

また、自社の状況もアピールのきっかけになります。例えば、、、

お店のオープン記念

     創業●周年

ライン@1,000名登録記念

といった要素をSNSを絡めて活用するのも有効です。

限定の視点

イチオシ商品に絞るなど、限定性を持たせるということです。

ただアピールするのではなく、なぜこの商品がイチオシなのか?その理由をしっかりと動画で説明します。

例えば、うちのお店の自慢はオムライスです。

とれたての卵を毎朝輸送してもらって昼前に着いた新鮮卵を使って作っているこだわりオムライスだからです。といった具合です。

今日のなるほど

動画を見た人が行動したくなるように、季節やタイミング、限定性の要素を盛り込んで、集客につなげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました