ホームページでホームページで今すぐ売上げアップ【先生化して販売】事例〜注意点を解説

先生化して販売の概要

権威性を感じてもらえるように、その分野で顧客と先生と生徒の関係を築くことです。

コンテンツ(価値ある情報)を先に提供した結果、「先生が言うなら、この商品・サービスはこのくらいの金額は当然」だと思われます。

先生化して販売の事例

今年4月にボクはホットクック(調理家電)を買ったのですが、経済評論家の勝間和代さんのYou Tubeやブログを見て、「これなら自分も使ってみたい」と感じたからです。

また、近いうちに電動アシスト自転車を買おうと思っているので、とある自転車店の動画をずっと参考にしています。

https://www.youtube.com/channel/UC-kAD8BE2JrCYWJ8vwaEi8g

先生化して販売の背景にある顧客心理

先生が言うことは間違いないという信頼感を得たい。

せっかく商品を買うなら、◯◯さんみたいな人から買いたい。

先生化して販売のポイント

商品やサービスを選ぶための基準を、客観的な視点で教えているかどうか。

また、従来とは違う価値観やライフスタイルを伝えることで、「なるほど」「そういう考え方素敵」といった気付きを与えることができ、その分野に詳しい人だと認識されます。

生化して販売の注意点

一度で伝えきろうとせず、光の当て方を変えて、何度も伝えていくことが、信頼感を得るためには不可欠です。

作成者: 神作 英樹

●日々の気付きや備忘録をまとめています ●世田谷区在住 ●インターネット集客やホームページ企画・編集など ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー