飲食店で顧客体験【オープンカフェの国内先駆け店舗で実際に顧客体験】

顧客体験を身近に感じられるような飲食店のおすすめ場所はありますか

 

 

このような質問にこたえます。

 

 

💡この記事でわかること

・顧客体験できるおすすめのカフェを紹介(オープンカフェの国内先駆け店舗)

 

 

 

この記事を書くボクは、ホームページ集客を軸とした仕事の一貫として、日々外出先で顧客体験が身近に感じられる場所を探しています。

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、オープンカフェの国内先駆け店舗で全国9店舗を展開する、オーバカナルです。

 

 

 

オーバカナルホームページより

 

 

 

オープンカフェの国内先駆けということで、1995年に原宿に第一号店が誕生。

 

 

 

 

オーバカナルに行って体験できる価値はひと言で言えば、

 

 

「外国にいるみたい」

 

 

な体験ができることだと思います。

 

 

 

ホームページにもこのあたりがしっかり記載されており、顧客体験をする側だけでなく、何を顧客に体験してもらおうとしているのか?という具体的な戦略が非常にわかりやすいです。

 

 

 

ホームページにはお店のコンセプトがこんな風に掲載されています。

 

 

本場の賑わいと味わいが息づく空間の中で、“フランスの大衆食文化を伝える”

 

 

 

では、オーバカナルが、このコンセプトを体現するために、具体的にどんなことをしているのか、以下の3つにまとめてみました。

 

 

 

「人」に関する要素

 

 

 

人に関する要素としては、スタッフ同士の会話がフランス語で行われていることが挙げられます。

 

 

ボクが見た限り、オーバカナルのスタッフは日本人とフランス人だと思いますが、オーダーを伝える時など、スタッフ同士で交わす言葉は日本語ではなくフランス語でした。

 

 

「空間」に関する要素

 

 

続いて、空間に関する要素としては、壁一面に張られた鏡、フランスのポスターが印象的。

 

 

 

出入り口にも、花がたくさん飾ってあるせいか、ランチタイムが過ぎたカフェタイムも、女性のお客様中心に賑わっています。

 

 

 

「メニュー」に関する要素

ボクが行った日には、2種類のランチが1050円〜(飲み物別)

 

 

着席すると、スタッフが黒板を持って登場。

 

 

本日のフードメニューが手書きでビッシリを書かれています。
※ドリンクメニューは印刷された手書きです。

 

今回頂いたのは、豚肉の赤ワイン煮(パンが付いて1,050円)

 

 

定番メニューに加えて、旬の食材を使った日替わりメニューも豊富です。

 

 

とにかく、メニューが豊富でデザート類に至るまで、ちょっと他では味わえない、外国にいるみたいな気分になること間違いなし。

 

 

💡今日のなるほど

比較的、身近で有名なところだと、コーヒーチェーンのスターバックスコーヒーは、顧客に対して、

 

 

家でも職場でもない「サードプレイス(=第三の居場所)」を感じてもらえるようなお店作りをしているようです。

 

 

そんなコンセプトを意識しつつ、「人の要素」「空間の要素」「メニューの要素」をチェックしてみると、色々な気付きがあるのではないでしょうか。

 

 

このブログでは、ホームページ集客に関する情報などを毎日発信しています。

 

 

 

Twitter(@kamisakuhideki)フォローおねがします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました