ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

中小企業の見やすい採用ページを作る方法【結論:訪問者を可視化する】

採用ページは、応募フォームや社長メッセージなど多岐に渡りますが、今回は、トップページについて。

訪問者が満足できる採用サイトを作りたい、そんな人事担当者や経営者の方のお役に立てば幸いです。

結論から言ってしまうと、訪問者が満足できる採用サイトを作るなら、サイトを作ったら、訪問者のサイト内の動きを可視化してみて、改善する。

これを繰り返すのが一番です。

サイト訪問者の視点:知りたい情報はどこにあるか

タイトルにあるように、まずはサイト訪問者、つまりここでは求職者の視点に立って考えみましょう。

給与面や福利厚生、社長の人となりが知りたいなど、求職者それぞれによって知りたい情報は異なります。

トップページはあくまで、ナビゲーションの役割になりますから、長く滞在せずに欲しい情報にたどり着いて欲しい。

言い換えれば、ラーメン屋さんに入ってずっとメニュー表を眺めて注文しないでじっとしている状態です。

評価方法

こんな風にサイト訪問者やあなたのサイトを見ていることを想定しているでしょうか

トップページで滞在時間が1分を超えているんだとしたら、「欲しい情報」が見つかっていない可能性が高く、訪問者にストレスを与えている可能性が高く、改善の余地ありです。

改善箇所になり得る項目

PC用サイトがそのままスマホで表示されている

これはもう論外です、スマホ最適化されたホームページに変更していただくことをおすすめします。

ページの表示スピードが遅い

採用ページや先輩の声を掲載したページがあるにも関わらず、クリックしてもなかなか見たいページが表示されなければ、簡単に閉じられてしまいます。

クリックして欲しい文字が小さい

しつこいようですが、ホームページをパソコンでしかチェックしない、なんてことはありませんか?

実際にアクセス解析ツールをはじめて設置した人にありがちなのが、「半分以上がスマートフォンから閲覧されていた」ことの驚くことです。

手持ちのスマートフォンでも文字がストレス無く追えるか、何度もチェックしてみることを強くおすすめします。

改善箇所を発見する手順

改善箇所を発見する手順を3つのステップに分けてお話します。

具体的な手順については、また別の機会にお伝えします。

ステップ1:アクセス解析ツールの設置

第一段階としては、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールでトップページの滞在時間を計測します。

ステップ2:データを取り改善箇所を特定

データが十分に溜まったところで、トップページの滞在時間を調べます。

もし、トップページにおいて、滞在時間が1分を超えるようならヒートマップツールを設置してみましょう。

ステップ3:実際に改善して効果測定

✅クリックして欲しいバナーで思うように反応が取れていないんじゃないか?

という仮設を立てたら、バナーをもっと大きくして様子を見ます。

✅読んで欲しい文章が思うように読まれていないんじゃないか?

という仮設を立てたら、文字を大きくしてたりフォントを変えたりして様子を見ます。

注意点

いっぺんに複数の改善をすると、効果測定がしにくくなりますから、ひとつずつ行ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました