ウェブ集客 × 自炊 × ゴルフ

人の気持ちに敏感なあなたにやって欲しい3つの対処法【気力第一主義】

人の気持ちに敏感になりすぎて、自分の気持からつい目をそらしたらり、自分の感情を抑えているうちに、自分自身のことがわからなくなって疲れてしまうのですが、対処法はありますか

 

 

 

その場の空気を考えすぎて、言いたいことが言えなかったり、必要以上に同調してしまい、翌日は何もする気力がわかないくらいぐったりしていますことがあるのですが、何か改善する方法はありますか

 

 

このような質問にこたえます。

 

 

 

💡この記事でわかること

人の気持ちに敏感なあなたにやって欲しい3つの対処法

 

 

 

この記事を書くボクは、人一倍感じる力が強くアメリカの心理学者・エレイン・アーロン博士が提唱した概念によれば、HSPという気質を持っていることが判明。(※セルフテストによる)

 

 

 

 

 

 

人の気持ちに敏感すぎて、相手の気持ちに寄り添うことばかりに集中して、気がつくと自分の意見をそっと心の中にしまい込んでしまったり、、、

 

 

 

「自分がちょっと我慢すれば、この場が丸く収まるんじゃないか」

 

 

 

とついつい相手の感情に寄り添うことを優先して、自分の感情と向き合うことを後回してしまいますよね。

 

 

 

この記事では、そんな人の気持ちに敏感なあなたが、人の気持ちに敏感なったらやってみて欲しい3つの対処法について、ボク自身が乗り越えてきた経験を踏まえてご紹介します。

 

 

気力第一主義で過ごそう

 

 

気力(やる気)をしっかり管理して過ごしてみようということです。

 

 

 

時間や体力はもちろんですが、その以上に気力(やる気)をコントロールすることです。

 

 

 

その理由は、時間や体力、1日に与えられた気力(やる気)には限界があるからです。

 

 

 

幸か不幸か、気力(やる気)の減り具合はあなた自身にしか分からないし、意識しないとあなた自身も気付かないことが多いです。

 

 

 

まして、周りの人には分かりません。

 

 

 

人の気持ちに敏感なあなたは、誰よりも気が付きすぎて、考えが及びすぎる傾向があるため、ストレスになることを遠ざけるなどの工夫をしましょう。

 

 

 

特に、人間関係には注意が必要です。

 

 


社会人として26年間幾つかの仕事をしながら感じているのは、人に敏感であることが気質からくるということは、ほぼ100%、周囲の理解を得られません

 

 

 

だとすれば、できるだけ、苦痛を感じるような人間関係は避けるべきでしょう。

 

 

 

会社外の敏感な仲間を見つけよう

 

 

学校や会社以外で、人に敏感な仲間を見つけることをおすすめします。

 

 

 

なぜなら、人に敏感な人は、「私は敏感です」と手を挙げてはいません。

 

 

 

むしろ、あなたと同じく、会社や学校の中では、周囲を気遣い、平気なフリをしているため、見つかりにくかも知れせん。

 

 

 

そんな場合におすすめしたいのが、SNSによる仲間さがしです。

 

 

例えば、ボクの場合だと、Twitterがあります。

 

 

ボクは実名を公開していますが、無理に公開する必要はありません。

 

 

重要なのは、自分のことを発信して、誰かに見つけてもらうこと。

 

 

TwitterやFacebook、ブログは興味や感性、悩みに共通点があるひとを探しやすいのが特徴。

 

 

自分が感じたことや好きなもの、ちょっとダメな自分のエピソードをつぶやくと案外反応があるのでおすすめ。

 

 

例えば、、、

こんな感じで。
このようなハッシュタグをつけてツイートしてみてください、あなたの感性や思いに惹かれて思いがけない反応が得られるかも知れません。
Hide
Hide

ボクも毎日チェックしてます!

あなたのホンネをあなた自身が1日1個叶えてあげよう

人に敏感なあなたは、ついつい気持ちに察しすぎて、考えすぎて、気力(やる気)が枯渇しがちです。

 

 

だからこそ、毎日、些細なことで良いので、あなたのホンネをあなた自身が1日1個叶えてあげてください。

 

 

例えば、ボクの場合だと、

 

 

・存分に寝る
・読みたかった本を読む
・音のない静かな環境に身を置く
など。

 

 

また、人間関係に関するマイルールがあり、一部を紹介すると、、、

 

 

・苦手な人に近づかない
・メールのチェックを午前中に行わない
・機嫌の悪い人の近くに寄らない

 

 

気持ちがザワザワするような、義務感を感じたり、窮屈な気持ちになることは、やりたくないのがホンネだと思います。

 

 

とはいえ、仕事上、叶えらることばかりではないかも知れませんが、自分に問いかけてみて、もうひとりの自分に「本当はやりたくないことを同意」してあげるだけでも、スッと気持ちが軽くなりますよ。

💡今日のなるほど

自分の取り扱い説明書を増やして、不安をなくし、機嫌良く毎日をすごしましょう。

敏感な人にどんなメリットがあるか、をもっと知りたい人はこの本がお勧め。

 

 

 

 

 

 

敏感な人のことを肯定的に捉えることはちょっとむずかしいと考えるなら、敏感な人専門のカウンセラーの体験を読んでみるのが一番オススメです。

 

 

 

 

イラスト付きで豊富な対処法が解説されているのでさっと読めて実用的です。

 

 

 

 

読んで損はないですよ。

 

 

 

Hide
Hide

もちろんボクも読みました

このブログでは、自炊や繊細さん(HSP)やホームページ集客に関する情報を毎日発信しています。

 

 

 

Twitter(@kamisakuhideki)フォローおねがします

 

タイトルとURLをコピーしました