WordPress

【Elementorの使い方⑩】ボタンのデザインいろいろ

WordPressでLPを作るためのプラグインである、Elementor(エレメンター)の使い方について投稿します。

10回目の今回は、ボタンのデザインについてです。

UX(顧客体験)をどうするか

まず考えたいのは、UX(顧客体験)です。

たとえば、Netflixなどで行動を促す場合、「今すぐ始める」とあります。

ひと昔前だと、「新規会員登録はこちら」などとありましたが、今すぐ使ってみようと思うようなユーザー視点を追求した表現にすべきでしょう。

このようなテキストの変更は、コンテンツ>テキストで簡単に変更することができます。

アニメーションの種類

また、バナーの視認性を高めるために、モーション効果を活用するのもおすすめです。

ここでは、参考までに、Elementorで標準装備されているアニメーションを3つ、動画でご紹介します。

①Fade In

②Slide In Down

③Lite Speed In

ただし、あまり派手なモーション効果は、かえって売り込み臭(営業されている感覚)が強くなり、マイナスに働くこともあるので、注意が必要です。

関連記事▶Elementorのお問い合わせページ遷移を計測できない場合の対処法

ABOUT ME
神作 英樹
●日々の気付きをまとめています ●川崎市在住 ●ウェブマーケやセルフマネジメント、健康ネタなど ●身銭を切って買ったもの、実際に使ったもの、実際に見たものだけを紹介・我が子が理解できるわかりやすさが当ブログのポリシー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください